新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

出品者の知的財産権ポリシー - 商標に関するよくある質問

商標は、企業の商品やサービスを識別するために使用される言葉、記号、意匠を保護する知的財産権(IP)の一種です。


  1. 商標とは何ですか?

    商標は、言葉、記号、意匠、または同一の組み合わせ(ブランド名やロゴ)で、企業が自社の商品やサービスを識別したり、他の企業の商品やサービスと区別するために使用します。つまり、商標は、商品やサービスの出所を表します。一般に、商標法は、購入者が商品やサービスの出所に関して混同するのを防ぐために存在します。

    例: 「Amazon」は、Amazonの多くの商品およびサービスに使用される商標です。他にも、Amazonの商標には、「Available at Amazon」の商標など、画像と言葉の両方が含まれているものがあります。


  2. 商標所有者はどのように商標を保護できますか ?

    通常、商標所有者は、国固有の商標所管庁(米国特許商標庁など)に登録することで、商標を保護します。場合によっては、マークが国固有の商標所管庁に登録されていない場合でも、商取引におけるマークの使用のみに基づき、個人または企業が商標権を所有することがあります。これらの権利は「慣習法」の商標権として知られ、限定されたものである場合があります。

  3. 商標法はどのような保護を行いますか?

    商標法は通常、特定の商品またはサービスの出所についての購入者の混乱から、当該商品またはサービスの提供者を保護するものです。商標所有者は、ある商品が商標所有者の商品であるかどうかについて、購入者が混乱する可能性が高い場合、第三者による特定のマークや紛らわしい類似した商標の使用をやめさせることができます。

  4. 商標は商品詳細ページ上のどこに掲載されていますか?

    商標は、多くの場合、Amazonの商品詳細ページにおいて商品名やブランド名という形で表示されます。たとえば、商標の「Pinzon」は、以下の商品詳細ページのブランド名または「著者名」の項目に表示されます。「Pinzon」の商標は、商品詳細ページの商品名(「Pinzonフランネルシーツセット – キング、セージ」)にも表示されます。


    商標について詳しくは、米国特許商標庁が提供する資料をご覧ください。

  5. 商品詳細ページの作成時に商標を使用するには、権利所有者の許可が常に必要ですか?

    通常、商品詳細ページの作成時における商標権の無権限使用は、商品の出所、保証者、関係者に関して混乱を生じる可能性が高い場合にのみ侵害にあたります。権利所有者ではないということのみをもって、別の企業の商品を出品できないとは限りません。

    例: 正規品のPinzonシーツセットを販売し、それをPinzonシーツセットという商品として広告する場合、商品の出所または関係者(ここではPinzon)に関して混乱を招くおそれはないため、Pinzonの商標権を侵害することにはなりません。

  6. 出品者として、商品詳細ページの作成時に第三者の商標を使用できるのは、どのような場合ですか?

    出品者は通常、次の場合に第三者の商標を使用することができます。


    1. 正規品を出品する場合。出品者は商標登録された名前を使用して、それらの商品を出品できます。たとえば、「Pinzon」の正規品を出品する出品者は、商標を使用して正規品を識別しているため、必ずしもPinzonの商標を侵害しているわけではありません。
    2. 商標登録された言葉を、通常の辞書的な意味で使用する場合。
    3. 商品が商標登録された商品と互換性のある旨を事実どおり記述する場合。たとえば、Kindle電子書籍リーダーに対応するケーブルを提供する場合は、ブランド名「Kindle」を使用して、商品詳細ページのテキストに互換性があることを示すことができます。互換性を示すためにロゴを使用することはできません。ブランド名のみを使用してください。互換性に関する記述はすべて真正でなければなりません。

      商品名に異なるブランドの商品との適合性を示す場合は、Amazonブランド名ポリシーを考慮して、以下の手順で商品名を作成してください。商品名にこの形式を適用しない場合、商標権を侵害する可能性があるとして出品情報が削除されることがあります。

      ブランド対応商品の商品名のフォーマット

      [メイン商品のブランド]+[メイン商品名]+「用の」/「に適合する」/「と互換性のある」/「向けの」+[商品のブランド名]+[商品名]+(該当する場合、その他の商品名の要素)

      例:

      • Xandu USB充電ケーブル、AmazonBasicsスピーカーと互換性のある
      • Kindle Fire用TonTonスリーブ

      一般的な互換商品の商品名のフォーマット

      [メイン商品のブランド]+[メイン商品名]+「用」/「と互換性のある」/「に適合」/「向けの」+「汎用」+[商品名]+(該当する場合、その他の商品名の要素)

      例:

      AmazonBasicsウォーターフィルターA3用汎用交換フィルター

  7. Amazonで出品する際、商標法に違反していないことをどのように確認できますか?Amazonで商品を出品する場合は、以下の質問を自問してください。
    1. 出品する商品を、信頼できる販売業者から調達しているか?
    2. どのように商品を入手したか?また、問い合わせがあった場合、正規品であることを証明できるか?
    3. 商品の説明が、購入者の混乱を招くおそれはないか? たとえば、ノーブランドのシーツセットの商品詳細ページにおける情報を見て、購入者がPinzonシーツセットを購入していると勘違いする可能性はないか?
    4. ブランド名または商標が、誤解を招かず事実に基づいた方法で、類似性を示す(許可されていない)のではなく、互換性を説明する(通常許可されている)ために使用されているか?

    以下の表は、Amazonの出品ポリシーに基づいて適切に出品されているブランド商品および適切に出品されていないブランド商品の例です。

    出品商品名 ブランド 出品ステータス
    AmazonBasicsスピーカー (空白) 停止中。ブランドのフィールドが間違っています。ブランド項目が空白のため(「AmazonBasics」ではない)、商品名からAmazonBasicsの商品であることが推測できません。
    AmazonBasicsスピーカー AmazonBasics 出品中。ブランドのフィールドが正しく記入されており、適切な商品名が使用されています。
    6フィートUSB充電ケーブル、AmazonBasicsスピーカーとの互換性あり (空白) 出品中。適切な商品名とブランドフィールドを使用し、充電ケーブルがAmazonBasicsのスピーカーと互換性がある場合は使用します。商品名は、AmazonBasicsの商品との互換性を示していますが、AmazonBasicsブランドの商品であることが推測できません。ノーブランド商品の場合、ブランドのフィールドは空白のままにできます。
    6フィートのUSB充電ケーブル付きワイヤレススピーカー、AmazonBasicsスピーカー対応 Wireless Speakers Inc. 出品中。充電ケーブルがAmazonBasicsのスピーカーと互換性がある場合のみ、適切なブランドのフィールドと商品名が記載されています。

    偽造とは何ですか?

    偽造は、商標権の侵害の一形態です。偽造とは、商標権者から提供を受けていない商品の販売に関連して、登録商標、または登録商標に酷似するマークの全体または一部を違法に複製することです。

    偽造の場合、商品またはパッケージに登録商標が使用されます。登録商標は、商品が販売されているブランド名、商品のロゴ、または商品自体の形状や外観を保護します。商標登録された商品に似ている、または商標登録された商品と同じである商品が、別の商品詳細ページで販売されており、かつ登録商標を不適切に使用していない場合は、偽造品ではありません。ただし、登録商標によって商品そのものの形状や外観が保護される場合、ブランド名やロゴが付けられていなくとも、同一商品は偽造品である可能性があります。偽造品ではない商品でも、他者の知的財産権を侵害する場合がありますのでご注意ください。出品者は、権利を侵害する商品を出品しないように最大限の注意を払う責任があります。出品者の知的財産権または他者の知的財産権に関する専門的な質問については、法律の専門家に相談してください。

    詳しくは、Amazon偽造品の取り組みをご覧ください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates