新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

返品プロバイダープログラム

海外の出品者が、現時点で米国内の返送先住所を持たない米国の購入者に発送する場合、返品管理を自分で行うにはコストがかかり、またそのオペレーションは困難です。Amazonでは、このような海外の出品者向けに返品プロバイダープログラムを開始しました。返品プロバイダープログラムは、返品管理サービスを提供し、出品者に代わって返品処理を行うことができるサービスプロバイダーで構成されています。

返品プロバイダープログラムでは、出品者の返品に関連するニーズに基づいて、さまざまなサービスプロバイダーから選択できます。すべてのサービスプロバイダーは米国内の倉庫を持ち、その倉庫で返品の配送を受領します。サービスプロバイダーとの契約が確定すると、出品者のデフォルトの返送先住所が、選択したサービスプロバイダーの国内倉庫の住所に自動的に更新されます。これによりAmazonは、サービスプロバイダーの倉庫の国内配送先住所が記載されたAmazon前払いの返送用ラベル(APRL)を発行できます。サービスプロバイダーは、出品者との契約における特定の返品サービスに基づいて返品商品を受領し、コンディションを評価するために査定を行い、再販売、修理、清算などのバリューリカバリーサービスを提供することで、回収した価額を出品者に還元することができます。

返品に関連するサービスについては、サービスプロバイダーのサービスを利用しなければならないという義務はありません。サービスに関する契約は、出品者とサービスプロバイダーの間で結ばれます。Amazonは、サービス契約に関して当事者となることは一切ありません。また、サービス契約について表明したり、責任を負うこともありません。

よくある質問

返品プロバイダープログラムを利用するにはどうすればよいですか?

返品プロバイダープログラムに登録するには、以下の手順に従います。

  1. セラーセントラルにログインし、注文で、返品管理をクリックします。
  2. 返品設定を編集をクリックし、返品プログラムの設定を選択して、返品プロバイダープログラムタブを探します。

このページには、サービスプロバイダーのリストと、サービスプロバイダーのサービス内容および価格情報が表示されます。情報を確認して、プロバイダーに連絡するボタンから、出品者の返品のニーズに合ったサービスプロバイダーを選択します。これにより、サービスプロバイダーとのやり取りを設定することができます。メッセージを受信したサービスプロバイダーは、およそ2営業日以内にEメールまたは電話で出品者に連絡し、協力体制について話し合います。サービスプロバイダーは、リクエストの進捗状況に応じてポータルを更新します。出品者とサービスプロバイダーの間で契約が締結されると、サービスプロバイダーはサービスリクエストを作業開始に更新します。既存のサービスリクエストとそのステータスは、サービスリクエストの管理で確認できます。この時点でAmazonが、出品者のデフォルトの返送先住所をサービスプロバイダーの国内倉庫の住所に更新します。また出品者には、サービスプロバイダーの登録と住所の変更を確認するEメールも届きます。

返品プロバイダープログラムに参加しているサービスプロバイダーを利用すると、どのような特典がありますか?

Amazonは、返品プロバイダープログラムで返品に関連するサービスのニーズに応えることができるよう、サービスプロバイダーの情報を審査および精査しました。これらのプロバイダーは、返品の管理において出品者が直面する課題の種類に精通しています。

サービスプロバイダーの選択方法について、Amazonからガイダンスは提供されますか?

Amazonでは、どのサービスプロバイダーを選択するかについて、アドバイスを提供することはできません。ただし、サービスプロバイダーのサービスの説明や料金表を確認し、出品者レビュー、評価、完了した注文数を閲覧してサービスプロバイダーを比較することで、サービスプロバイダーをセルフサービス方式で選択できます。Amazonは、サービスプロバイダーまたは提供されるサービスについて一切保証いたしません。

返品プロバイダーサービスの料金体系はどのようなものですか?

料金体系は、このプログラムに参加しているサービスプロバイダーによって異なります。すべての手数料は、出品者と関連するプロバイダーの間で決められます。Amazonが価格を決定したり、出品者とサービスプロバイダーの間における価格の交渉に参加したりすることはありません。

サービスプロバイダーとは、Amazon経由で契約しますか、それとも直接契約しますか?

サービスプロバイダーと直接契約を結ぶことになります。サービスに関する契約は、出品者とサービスプロバイダーの間で結ばれます。Amazonは、サービス契約に関して当事者となることは一切ありません。また、サービス契約について表明したり、責任を負うこともありません。サービスに関する問題や質問がある場合は、直接サービスプロバイダーに問い合わせる必要があります。

Amazon前払いの返送用ラベル(APRL)プログラムに登録する必要はありますか?

Amazonのポリシーに基づき、米国のすべての出品者は、Amazon前払いの返送用ラベルプログラムに自動的に登録されます。Amazonは、出品者から提供された、またはサービスプロバイダーによるサービスの利用の一環として設定されている米国内の返送先住所を使用して、出品者に代わってサービスプロバイダーの住所が記載された配送ラベルを購入者に発行します。これにより、購入者はシームレスに返品することができます。

詳しくは、出品者出荷の前払い返品をご覧ください。

APRLプログラムの配送料について詳しくは、出品者出荷の返品の配送料をご覧ください。

購入者にはどのように返金されますか?

APRLを使用して返品される商品には、対象となる返品の出品者出荷返品における最初のスキャン時の返金(RFS)が行われます。AmazonがRFSを発行しない場合、出品者はサービスプロバイダーの倉庫で返品を受領してから2営業日以内に、返金を行うための通常プロセスを進める必要があります。また、サービスプロバイダーを利用しない場合は、出品者の指定した住所で返品を受領する必要があります。出品者が返金の実施について適切な対応を取らない場合、Amazonが出品者に代わって購入者に返金し、その金額を出品用アカウントに請求します。

詳しくは、出品者出荷の注文に対する返金と任意支払をご覧ください。

返品された商品が紛失した場合、または購入者に返金を行った後に著しく異なる商品が届いた場合はどうなりますか?

購入者が破損した返品または著しく異なる返品を受領した場合、出品者出荷ネットワークの前払い返送用ラベル(PRL)に関する補てんポリシーを参照して、アカウントに返金が請求されてから60日以内に、セラーセントラルでSAFE-T申請を申し立てできます。

複数のサービスプロバイダーと契約することはできますか?

はい。デフォルトの返送先住所は、最新のサービスプロバイダーの住所に設定されます。その他のサービスプロバイダーの住所を使用して、米国のストアでのみ、複数の返送先住所をサポートするように上書きを設定することができます。ルールを設定したり、使用したい別のサービスプロバイダーの返送先住所を設定するSKUを指定したりできます。

詳しくは、複数の返送先住所をご覧ください。

サービスプロバイダーの登録後、返送先住所はいつでも更新できますか?

はい。デフォルトの返送先住所は、いつでも別の返送先住所に更新できます。

返品プロバイダープログラムの利用を停止するには、どうすればよいですか?

サービスプロバイダーに連絡して契約を終了し、提供されているサービスを停止してください。

サービスプロバイダーとの契約を終了すると、サービスプロバイダーはAmazonに解約を通知します。デフォルトの返送先住所は、サービスプロバイダーとの契約が確定する前に最後に提供および更新されていた返送先住所へ自動的に設定されます。出品者のアドレス帳に返送先住所がない場合、デフォルトの返送先住所は出品者の会社住所に更新されます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates