新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

プログラムポリシーの変更

以下は、今後行われるAmazonプログラムポリシーの変更です。

企業賠償責任保険プログラムポリシーの更新

2022年6月13日掲載(発効日:2022年8月1日)の企業賠償責任保険プログラムポリシーの変更は行われません。2022年8月15日に、Amazonの企業賠償責任保険プログラムポリシーが更新され、次の変更が行われます。

  • Amazonでは、総利益が100万ドル未満の出品者に対して、控除対象外のポリシーの制限を解除しました。
  • いかなるポリシーの控除額も1万ドルを超えてはならないという以前の要件を復活させました。控除可能な金額は、保険証明書に記載する必要があります。
  • 単一会員のLLCに関する新しい要件を変更する予定はありません。また、被保険者名は、出品者様の正式名称/販売業者名、または出品者様が事業を識別するために公的に使用する名前(「商号」、「代表者名」、「DBA」)のいずれかと一致することが引き続き認められます。

詳しくは、ビジネス保険ページの「よくある質問」セクションまたはセラーフォーラムのお知らせをご覧ください。

手数料のカテゴリー名の更新

2022年8月10日より、カテゴリーをわかりやすくするため、出品手数料のカテゴリー名が変更されます。たとえば、「産業・研究開発用品(外食産業、清掃&衛生を含む)」は、「産業・研究開発用品」になります。 この更新に関連する料金の変更はありません。

商品の安全性に関する注意、リコール、販売停止および出品者の出品の取り下げに関するポリシー

2022年8月8日より、Amazonでは商品の安全性に関する注意、リコール、販売停止および出品の取り下げに関するポリシーを更新します。このポリシーは、出品者としての責任および商品の安全性に関する不備の可能性があることをAmazonが把握した場合の措置に関わるものです。詳しくは、商品の安全性に関する注意、リコール、販売停止および出品者の出品の取り下げに関するポリシーをご覧ください。

アカウント健全性の確認ポリシーの更新およびアカウント健全性評価ポリシーの展開

2022年8月9日より、アカウント健全性評価に機能が追加され、アカウント健全性の確認プログラムポリシーが次のように更新されます。

  • アカウント健全性の確認ポリシーを削除し、アカウント健全性評価ポリシー注文のパフォーマンスポリシーの2つのポリシーに変換します。
  • アカウント健全性評価ポリシーは拡張されました。新しいアカウント健全性評価機能および既存のアカウント健全性評価機能の詳細が記載されているため、すべてのポリシーをご確認ください。
  • 注文のパフォーマンスポリシーは、以前はアカウント健全性の確認ポリシーの一部でした。その内容を独自のポリシーページに移動して、ポリシー名を変更しましたが、大幅に変更はありません。
注: 現在、注文のパフォーマンスポリシーの要件は、アカウント健全性評価には含まれていません。

詳しくは以下をご覧ください。

アダルト商品のポリシーの更新

2022年7月26日以降、アダルト商品に関するポリシーとガイドラインは、アダルト商品および露骨な性的画像に関する説明により更新されます。

2022年1月17日より、ワンドマッサージャーとケーゲルボール、ベンワボールはすべてアダルト商品に分類されます。これらの商品は引き続き販売可能であり、現在の出品カテゴリー内で商品を検索するすべての購入者が商品を見つけることができます。

詳しくは、アダルト商品のポリシーとガイドラインをご覧ください。

FBA在庫の返金ポリシーの更新

2022年7月21日より、FBA在庫の返金ポリシーの対象となる基準が更新されます。このポリシーの対象となる商品は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 商品の納品ステータスが、キャンセルまたは削除済みではない。
  • 紛失または破損した商品が申請された場合、審査中および申請中、出品者のアカウントは通常のステータスである必要がある。

詳しくは、FBA在庫の返金ポリシーをご覧ください。

企業賠償責任保険プログラムポリシーの更新

2022年8月1日以降、米国の企業賠償責任保険プログラムポリシーが更新され、次の変更が行われます。

  • (i)Amazon.comストアでの商品の販売による総利益が過去12か月間に100万米ドルを超え、(ii)控除額が保険証書に記載されている場合、保険契約に控除対象を含めることができます。
  • 単一会員のLLCの場合、被保険者名は、正式名称/販売業者名またはビジネスを識別するために公的に使用する名前(「商号」、「屋号」、「DBA」)のいずれかと一致している必要があります。
  • 現在、保険契約をお持ちでない場合、または新しい保険契約をお探しの場合、Amazonは企業賠償責任保険を取得する方法についてのガイダンスを提供します。
  • 現在のプログラムポリシーページから「よくある質問」セクションを削除して更新し、新しく作成されるヘルプページに移動します。

詳しくは、ビジネス保険ページの「よくある質問」セクションをご覧ください。

制限数量内での危険物の発送に関するポリシーの更新

2022年4月25日以降、FBAを利用して米国の離島地域に制限数量内の危険物を発送することができなくなります。出品者は、これらの地域に危険物を発送する際は、サードパーティの配送会社を使用する必要があります。

出品者登録ができる対象国に関する更新

2022年3月11日以降、ロシアまたはベラルーシからの登録は受け付けていません。詳しくは、出品者登録ができる対象国をご覧ください。

手数料カテゴリーのガイドラインの導入

手数料のカテゴリーをわかりやすくするための取り組みの一環として、手数料カテゴリーに関するガイドラインを導入します。2022年3月16日より、これらのガイドラインには、各手数料のカテゴリーに関連する商品の詳細なリストが掲載され、特定商品の手数料のカテゴリーをすばやく見つけることができます。

詳しくは、手数料のカテゴリーについてをご覧ください。

新しいポリシー: 万能マッチ

2021年11月19日より、Amazonでは「万能マッチ」を含んだ商品を販売することができなくなります。詳しくは、万能マッチをご覧ください。

販売手数料の返金ポリシー

2021年12月2日より、販売手数料の補てん申請に関する90日間の異議申し立て期間の要件を撤廃します。手数料のトランザクションが、その時点で有効な手数料のカテゴリーガイドラインに反する場合、申請は無効とみなされることを明確化します。詳しくは、販売手数料の返金ポリシーをご覧ください。

出品者出荷されるファッション商品の返品送料を無料化

2021年10月26日より、ファッション商品のすべての出品者出荷で返品送料無料のメッセージが表示され、出品者が米国で出品している服&ファッション小物、シューズ&バッグ、ジュエリー、腕時計のファッション商品について、返品配送料を差し引くことができなくなります。詳しくは、出品者出荷のファッション商品の返品送料が無料にをご覧ください。

プログラムポリシーの更新

2021年5月18日より米国では、以下の手数料関連プログラムポリシーのページが明確化のために更新されます。また、一部の名称については以下のように変更されます。

  • 「FBAの機能、サービス、手数料、リソース」は、「FBAの機能、サービス、手数料」に変更されます
  • 「Amazon.comを使用した場合のFBA注文のFBA手数料」は、「FBA手数料」に変更されます
  • 「FBA在庫の返送/所有権の放棄依頼手数料」
  • 「FBA長期在庫保管手数料」は、「長期在庫保管手数料」に変更されます
  • 「在庫保管手数料」は、「在庫保管手数料」です
  • 「購入者返品手数料」
  • 「Amazon出品サービスの手数料」

現在請求されている料金に変更はありません。

さらに上記と同じ日付より米国では、FBA返送/所有権の放棄依頼手数料、リチウム電池手数料、特別取扱手数料に関する新しいプログラムポリシーページが明確化のために追加されます。現在請求されている料金に変更はありません。

FBA在庫の返金ポリシーの更新

2022年7月21日より、FBA在庫の返金ポリシーの対象となる基準が更新されます。このポリシーの対象となる商品は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 商品の納品ステータスが、キャンセルまたは削除済みではない。
  • 紛失または破損した商品が申請された場合、審査中および申請中、出品者のアカウントは通常のステータスである必要がある。

詳しくは、破損・紛失商品の返金ポリシーをご覧ください。

プログラムポリシーの更新

2021年3月19日より、Amazonのプログラムポリシーに新しく不適切な在庫の調査に関するポリシーが追加されます。

このポリシーに基づき、販売パートナーがAmazonで偽造品やその他の違法品の販売に関与した疑いがある場合、該当するFBA在庫に関する追加情報の提出をお願いすることがあります。必要な情報が提供されない場合や、Amazonが調査した結果、在庫が不適切な商品であると判断した場合は、Amazon側で在庫を処分することがあります。

出品サービス利用規約およびポリシーの更新 - 2020年9月

出品サービス利用規約およびAmazon出品サービスのポリシーが更新され、商品の販売および配送に関する要件が追加されました

コミュニケーションガイドラインの更新

2020年11月6日より、Amazonのコミュニケーションガイドラインに、マーケットプレイス・メッセージ管理に関連する追加情報が更新されました。詳しくは、最新のガイドラインをご覧ください。

制限対象商品に関する規約の更新

2020年8月19日に、制限対象商品に関する規約の動物および動物を材料とする商品ページが更新され、出品可能な商品の例として、動物用飼料が追加されました。

Amazon販売サービスの利用規約

2020年7月4日に、Amazon販売サービスの利用規約ページは、プログラムポリシーページから削除されます。

Amazon Vineの正式名称の変更

2020年1月24日に、Amazon Vine先取りプログラム規約に記載されている正式名称が、Amazon.com Services LLCに変更されました。

納税ポリシーの更新

Amazonの納税ポリシーが更新されます。Amazonサービスの利用およびAmazonストアでの販売に基づいて適用される可能性のある税金処理に関連する情報が追加されます。

  • 税金に関する責任
  • 手数料および支払いに関する税金
  • 商品の海外発送
注: 出品者には、納税義務を確認する責任があります。Amazonが提供する情報は、税金、法律、その他の専門的な分野に関する助言を行うものではありません。また、そのような目的で使用することはできません。ご不明な点がある場合は、専門家にご相談ください。

販売手数料の返金ポリシー

2020年2月5日に、販売手数料の返金ポリシーページが、プログラムポリシーページに追加されます。

2020年2月5日以降も出品サービスを継続して使用する場合、出品者は更新されたポリシーに同意したものとみなされます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates