新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

FBAオンサイトプログラムのパフォーマンス要件

FBAオンサイトでは、顧客満足度を維持するために、パフォーマンス要件を採用しています。Amazonプライムの参加資格を維持するには、オンサイトの出品者は以下の指標を満たしている必要があります。

指標 要件 ベストプラクティス
オンタイム梱包 100%
  • 出荷予定日より前に商品を梱包する
  • 出荷予定日が翌日の荷物よりも、より早い出荷予定日の荷物を優先する
  • 注文が多い日に対応できるように梱包ステーションまたは作業員を増強する
期日内出荷率 99.5%以上
  • 配送業者に商品を引き渡し、同日にスキャンされるようにする
  • 注文の多い日を前もって配送業者に連絡して、配送業者が準備できるようにする
  • すべてのオンサイト配送業者に正確な集荷時間を伝える
キャンセル率 0.5%以下
  • 在庫を定期的に確認することで、正確な在庫数を把握し、破損した商品を特定する
  • 商品を受領する際は、パッケージの6面チェックを行い、破損がないことを目視で確認する

オンタイム梱包

FBAオンサイトでは、すべての注文商品を出荷予定日までに梱包する必要があります。たとえば、USPSの配送業者の集荷時刻は午後3時で、商品を午後2時59分以降に梱包したとします。配送業者が実際に荷物を集荷したタイミングにかかわらず、倉庫管理システム(WMS)は遅延として当該の荷物にフラグを付けます。その後、この注文はエスカレーションされ、より迅速な配送方法が適用されます。

期日内出荷率

出荷予定日が設定されたすべての注文は、出荷予定日に配送業者に引き渡し、配送業者による最初のスキャンがその日に行われる必要があります。配送業者による最初のスキャンが行われなかった商品は0.5%未満である必要があります。 引き渡した日の翌日に配送業者の最初のスキャンが行われた注文は、すべて遅延とみなされます。

配送業者の集荷時間に変更がある場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください

キャンセル率

オンサイトの出品者は、注文キャンセル率を0.5%以下に維持する必要があります。通常のFBAと同様に、Amazonは、キャンセルされた注文数を最小限に抑え、購入者との約束を守るように努めています。

オンサイトプライムの1日あたりの注文数の上限

オンサイトの出品者は、毎日確実に出荷できるマケプレプライムの注文数の上限を設定する必要があります。上限を設定する前に出荷能力を評価し、ビジネスの変化に応じて引き続き再評価してください。

マケプレプライムの1日あたりの注文数の上限を設定するには、 ビジネスコンソールパフォーマンス タブに移動します。

注: 1日の注文数の上限は、注文の出荷能力を示します。これは、予想される注文数を表すものではありません。

例: 従業員が5人いるとします。最大の生産力で、各従業員は1時間あたり100件のプライム注文を出荷できるとします。施設を6時間稼働させた場合、1日あたりの注文数の上限は、5 x 100 x 6=3,000件になります。この件数をマケプレプライムの1日あたりの注文数の上限として入力します。出荷能力が変更された場合は、上限を調整できます。

パフォーマンス要件が満たされていない場合

パフォーマンス改善計画

出品者のノードがオンサイトパフォーマンス指標を満たしていない場合、パフォーマンス改善計画が必要であることを通知する場合があります。パフォーマンス改善計画には以下の情報を含めてください。

  • 問題の原因
  • 問題解決に向けたアクション
  • 問題再発の防止手順

パフォーマンス改善計画を作成する際は、以下のガイドラインを参考にしてください。

  • 明確かつ簡潔に説明してください。パフォーマンス改善計画は、事実に基づき、率直である必要があります。商品やビジネス、または購入者について述べるのではなく、問題につながった事実や出来事に焦点を当ててください。他のサポートケースに関する質問や参照は含めないでください。
  • すべての問題について説明する。 問題の組み合わせに起因して発生する問題もあります(停電や人員の不備に起因する梱包の遅延など)。根本原因ごとに回答してください。
  • すべての商品に関する証拠を提出してください。審査中のすべての注文に対して証拠を提出してください。注文の一覧は、出品者への通知に記載されています。配送業者の過失であると思われる場合は、配送業者からの連絡も記載してください。
  • 資料の一部を強調表示する。 資料内の主要部分を丸で囲んだり強調したりすることで、回答内容を分かりやすく伝えることができます。たとえば、リコール情報、配送業者との連絡内容、システムの問題に関する事例などです。

在庫監査

パフォーマンス改善計画の一環として、在庫監査が必要になる場合もあります。在庫監査は、倉庫管理システム(WMS)に表示されている在庫が出品者の倉庫の在庫に一致しているかどうかを判断するために実施します。

在庫を監査するには、WMSで以下の手順に従います。


  1. 在庫メニューで、全在庫を選択します。
  2. 保管棚ごとに表示またはSKUごとに表示を選択し、すべてダウンロードをクリックします。
  3. 各コンテナ内のSKU数を数えます。
  4. 在庫を調整します。
  • 在庫を削除するには、在庫メニュー調整を選択します。紛失または削除を選択し、保管棚から在庫を削除します。
  • 在庫を追加するには、受け入れと棚入れを選択し、それぞれの保管棚に在庫を追加します。

在庫レベルが実際の在庫と異なる場合は、WMSの更新が求められます。

注: 発見済み調整は使用しないでください。発見済み調整を使用して受け入れた在庫は、それ以前に紛失調整を行っていない限り、Amazonで販売可能な状態で表示されることはありません。

パフォーマンス指標を確認する

ビジネス コンソールパフォーマンスタブで指標を監視します。このページでは、不備レポートをダウンロードすることもできます。


  1. ノード名の下にあるドロップダウンメニューから期間を選択します。
  2. 不備レポートをダウンロードをクリックします。

最適なパフォーマンスのためのヒント

在庫の受領

  • 1か月に1回以上、販売数が多い時期の前後に在庫を監査します。
  • タイムセール関連のSKU、大量のSKU、またはその両方をできるだけ梱包ステーションの近くに配置します。
  • ユニットを受領する際は、明らかな破損がないよう、パッケージを6面チェックで確認してください。

購入者への出荷

  • 配送業者が出品者の施設から荷物を集荷したら、必ず受け渡しをクリックします。
  • バックアップとして追加の梱包ステーションを設定し、荷物の移動をより迅速に行うことができます。
  • 注文数の上限を設定することで、注文数が急増してスタッフが圧倒されるのを防ぐことができます。

配送業者との関係

  • 初回スキャンに関する問題がある場合、配送業者に伝えます。
  • 今後、数量が急増する場合、配送業者に伝えます。

緊急事態計画

  • 多忙な時期は人員を増やすための計画を立ててください。
  • 停電などの重大な状況により施設が作動できない場合は、ビジネスコンソールパフォーマンスタブでAmazonプライムのロゴをオフにするか、一時的にノードを閉じてください。テクニカルサポートへのお問い合わせから、これらのアクションについてお知らせください。
  • 重大な状況の場合は 、そうすることが安全な場合に限り荷物を引き渡してください。荷物を引き渡すことができない場合は、該当するすべての注文のリストを作成し、テクニカルサポートにお問い合わせください。

計画と準備状況について詳しくは、売上の多いイベントや季節に関するFBAオンサイトの準備状況ガイドラインをご覧ください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates