新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

配送設定の自動化

配送設定の自動化を使用すると、各配送地域に対して、正確な配送地域と配送所要日数を設定した配送パターンをすばやく作成できます。Amazonでは、出品者が使用する配送サービスの正確な配送所要日数を適用し、配送所要日数を動的に算出します。Amazonでは、配送パターンを定期的に更新して、配送サービスに対して最新の配送時間を反映します。これにより、出品者は配送パターンを手動で管理しなくても、常に正確な配送設定が実施されます。

配送設定の自動化は以下をサポートしています:

  • 国内での出品者出荷の通常配送における配送所要日数を自動設定します。
  • 国内の出品者出荷によるマケプレお急ぎ便(翌日)およびマケプレお急ぎ便(翌々日)の配送地域を自動設定します。
  • 国内のマケプレプライムの マケプレお急ぎ便(翌日)およびマケプレお急ぎ便(翌々日)の配送地域を自動設定します。

出品者出荷による商品の配送設定の自動化

出品者出荷による商品の配送設定の自動化を有効にするには、次の手順に従います。

  1. セラーセントラルの右上にある設定から配送設定をクリックします。
  2. 配送パターンで、
    • 新しい配送パターンを作成して配送設定の自動化を有効にするには、新しい配送パターンを作成をクリックし、配送パターン名(「出品者出荷」など)を入力し、配送料として個数・重量制または購入金額制のいずれかを選択します。
    • または、既存の配送パターンをアップグレードして配送設定の自動化を有効にするには、既存の配送パターンを選択し、画面の右側にある配送パターンを編集をクリックします。
  3. トグルボタンをクリックして、配送設定の自動化を有効にします。
  4. 発送元住所を選択し、次へをクリックします。
  5. 「出品者出荷(プライム以外)の配送設定の自動化を希望します」を選択し、次へをクリックします。
  6. 通常配送の配送所要日数の自動設定を有効にするには、通常配送の自動化設定ページで次の手順に従います。
    1. 配送会社の設定セクションで、使用する配送会社および配送サービスを選択します。
    2. 通常配送の配送地域を管理するには、地域の設定セクションで編集をクリックします。
    3. 次へをクリックします。
  7. プライム対象外のマケプレお急ぎ便(翌日)およびマケプレお急ぎ便(翌々日)で配送地域の自動設定を有効にするには、お急ぎ便関連プログラムの自動化設定ページの配送会社の設定セクションで、使用する配送会社および配送サービスを選択します。次へをクリックします。
  8. 配送設定の自動化設定を確認し、確定をクリックします。
  9. 配送地域の配送料を確認して編集します。
  10. 保存をクリックして、配送パターンを保存します。
  11. 配送パターンに出品者出荷のSKUを割り当てます。

マケプレプライム対象商品の配送設定の自動化

マケプレプライム対象商品の配送設定の自動化を有効にするには、以下の手順に従います。。

  1. セラーセントラルの右上にある設定から配送設定をクリックします。
  2. 配送パターンで、
    • 新しいプライム配送パターンを作成して配送設定の自動化を有効にするには、新しい配送パターンを作成をクリックし、配送パターン名(「プライム配送」など)を入力し、配送料として個数重量制または購入金額制のいずれかを選択します。
    • または、既存のプライム配送パターンをアップグレードして配送設定の自動化を有効にするには、既存のプライム配送パターンを選択し、画面の右側にある配送パターンを編集をクリックします。
  3. トグルボタンをクリックして、配送設定の自動化を有効にします。
  4. 発送元住所を選択し、次へをクリックします。
  5. 「マケプレプライムの配送設定の自動化を希望します」を選択し、次へをクリックします。
    注: このオプションは、 出品者がプライムの利用資格がある 場合にのみ利用できます。
  6. 配送サービスの範囲に応じて、マケプレお急ぎ便(翌々日)およびマケプレお急ぎ便(翌日)の配送会社と配送サービスを選択し、。マケプレお急ぎ便(翌日)は任意です。
  7. 該当する場合は、配送地域の制限を選択します。これによって、配送料も決まります。たとえば、マケプレお急ぎ便(翌々日)にUPS Groundのゾーン8を選択した場合、自動設定されたプライム配送地域は、UPS Groundのゾーン8の範囲内で、選択した発送元住所から2日以内に配送できる地域に限定されます。地域制限が不要な場合は、Amazonのデフォルト値のままにしておきます。次へをクリックします。
  8. プライム配送設定の自動化の内容を確認し、確定をクリックします。
  9. プライム会員以外の購入者に適用する配送料を確認および編集します。
  10. 保存をクリックして、配送パターンを保存します。
  11. プライム配送パターンにプライムSKUを割り当てます。

配送設定の自動化に関するよくある質問

配送設定の自動化にはどのようなメリットがありますか?

購入者は、すぐに届く商品を購入したいと思っています。一方で、配送地域ごとに正確な配送所要日数を提供するには、出品者が利用する配送サービスの配送能力を正確に計算して追跡する必要があり、出品者自身が行うのは難しい場合があります。実際にAmazonでは、多くの出品者が、通常配送の配送所要日数を想定より長く設定したり、同じ費用でお届けできるにもかかわらず迅速に配送できる地域を制限するよう設定しています。この不必要に長いお届け予定日は、購入者とって魅力的ではありません。

配送設定の自動化を利用すると、出品者は数回クリックして発送元と使用する配送会社の配送サービスを入力するだけで、配送地域と配送所要日数の計算プロセスを大幅に簡略化できます。Amazonは、配送サービスの配送能力に関する最新のデータを使用して、異なる配送地域に対する正確な配送所要日数を計算します。出品者自身が複雑な計算や配送サービスの配送パフォーマンスの追跡を行う必要がなくなり、お届け予定日がより正確になります。

国内通常配送の自動化注文に関する出荷要件はどのようなものですか?

配送設定の自動化テンプレートで有効にした配送サービスを使用して注文を出荷し、購入者の配送予定日を満たせるように配送することが求められますまた、配送伝票の購入サービスを使用して、購入者の配送予定日を満たせる配送サービスを選択することもできます。 Amazonは出品者の配送パフォーマンスを監視し、期日内配送率が要件を満たさなかった場合に購入者を保護するために、お届け予定日に追加の時間を追加することがあります。

Amazonでは、出品者出荷の通常配送における配送所要日数をどのように自動化していますか?

Amazonは配送サービスの配送パフォーマンスを追跡し、発送元住所から購入者の所在地までの、配送会社における最新の配送所要日数を自動的に設定できます。

Amazonでは、プライムまたはプライム対象外のお急ぎ便関連プログラムの配送地域をどのように自動化しますか?

プライムまたはプライム対象外のお急ぎ便関連プログラム対象地域は、発送元住所、配送サービス、配送地域制限を含む配送設定の自動化設定を使用して、1日および2日以内に配送できる場所に基づいて自動的に計算されます(プライム対象地域の自動化でのみ利用可能)。また、Amazonでは、配送サービスの最新の配送パフォーマンスに基づいて配送地域を定期的に調整し、プライムまたはプライム対象外のお急ぎ便関連プログラムの配送範囲に可能な限り正確に期日内配送できるようにしています。

発送元住所として何か所を選択できますか?

発送元住所は最大10か所まで選択できます。プライムまたはプライム対象外のお急ぎ便関連プログラムの地域は、マケプレお急ぎ便(翌々日)およびマケプレお急ぎ便(翌日)の注文について、各発送元住所から、選択した配送サービスで配送可能な地域のすべてをまとめたもの(あるいは合計)になります。

どの配送会社/配送方法を選択すればよいですか?

配送設定の自動化では、出品者出荷の通常配送、出品者出荷のお急ぎ便関連プログラム、マケプレプライムなど、配送オプションごとに配送サービスを選択できます。 これらの配送オプションに使用するの配送サービスを選択する必要があります。配送設定の自動化設定の設定画面に表示されるの配送サービスは、すべて選択できます。

複数の配送業者/配送サービスを選択することはできますか?

はい。使用する配送サービスをすべて選択してください。プライムまたはプライム対象外のお急ぎ便関連プログラムの配送地域は、選択した配送サービスで配送可能な地域をすべてまとめたもの(あるいは合計)が設定されます。

複数の配送サービスで出品者出荷における通常配送の配送所要日数を自動設定した場合、複数の配送サービスがすべて購入者の所在地に配送可能な場合は、どの配送サービスが使用されますか?

出品者出荷の通常配送では、配送料の上昇を避けるため、配送所要日数が最も長い配送サービスを選択します。たとえば、2種類の配送サービスの配送所要日数について、同じ購入者の所在地にそれぞれ2~3営業日と3~5営業日で提供可能な場合、Amazonは3~5営業日の配送サービスを選択します。最長の配送所要日数が複数の配送方法で同じ場合は、その中から最短の配送所要日数がある配送方法が選択されます。2種類の配送サービスの配送所要日数について、同じ購入者の所在地にそれぞれ2~4営業日と3~4営業日で提供可能な場合、Amazonは2~4営業日の配送サービスを選択します複数の配送方法が配送所要日数の範囲内にある場合は、最短の配送所要日数が指定されます。

発送元住所または配送サービスを変更した場合、自動配送設定を更新できますか?

出品者は、自動配送設定をいつでも更新できます。配送パターンを選択し、配送パターンを編集をクリックします。配送パターンの編集ページで、配送設定の自動化トグルボタンの右側にある編集をクリックします。その後、発送元住所と配送サービスを更新できます。確定をクリックすると、更新された配送設定の自動化設定に基づいて、自動配送設定が更新されます。

プライム対象地域の自動化における配送地域の制限とは何ですか?

配送地域の制限により、プライム対象地域をより正確に管理できます。配送サービスで翌々日配送の対象地域が複数のゾーンにまたがることで、異なる配送料が発生している場合、配送地域を使用してプライム対象地域を制限することで、プライム配送料を管理できます。プライム配送地域をゾーン別に制限する必要がない場合は、Amazonのデフォルト値のままにしておくことができます。配送会社のウェブサイト(UPSFedExUSPS)でゾーン別に配送料を確認することができます。Amazonプライムのマークは、出品者の配送サービスで商品が発送元住所から1~2日以内に到着可能な配送地域内の購入者にのみ表示されます。

プライムまたはプライム対象外のお急ぎ便関連プログラムの配送対象地域のカバー率はどのように決定されますか?

プライムまたはプライム対象外のお急ぎ便関連プログラムのカバー率は、発送元住所から出品者が選択した配送サービスで配送可能である、プライムまたはプライム対象外のお急ぎ便関連プログラムの対象地域内の人口数(米国)の割合として計算されます。

配送所要日数や配送地域が変更されたことはどうすればわかりますか?

Amazonが自動配送パターンのプライム対象地域または配送所要日数を更新すると、新しいバージョンの配送パターンが作成されます。更新は、配送パターンの修正履歴で確認できます。

プライムの対象地域が自動化前と比べて小さくなっているのはなぜですか?

選択した配送会社で、地域内のすべての郵便番号に期日内に配送できる場合、その地域はプライム対象地域として有効になります。その地域内の一部の郵便番号に対して期日内に配送できないことが判明した場合、顧客満足を維持するために、その地域はプライム対象地域としては無効となる可能性があります。ただし、配送サービスの配送時間が改善されると、プライム対象外の地域がプライム対象地域に変更されます。

配送伝票の購入で、指定された配送サービスを購入できない場合はどうなりますか?

配送伝票の購入で指定された配送サービスを使用できるのは、以下の場合になります。

  1. 配送サービスの集荷時あるいは週か前に、配送ラベルを購入した場合
  2. 自動配送パターンにも表示されている発送元住所を、配送伝票の購入から選択した場合
何らかの理由で、すべての要件を満たしているにもかかわらず、配送伝票の購入で希望する配送サービスを購入できない場合は、配送伝票の購入以外でも配送ラベルを購入できますが、購入した配送サービスで商品を期日内に配送可能であることを確認してください。期日内に配送されたマケプレプライムの注文については、自動的に配送伝票の購入の利用資格を判断する指標にカウントされないようにし、不備レポートから削除します。変更がアカウントに反映されるまで、注文日から最大4営業日かかる場合があります。注文を受領してから4営業日が経過しても、それらの注文が不備レポートに表示され続ける場合は、テクニカルサポートまでお問い合わせください。

これは、自動配送パターンに関連付けられたプライム注文にのみ適用されます。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates