新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

コンパクト・バイ・デザインの利用資格

コンパクト・バイ・デザインは、Amazonが開発した新しいサスティナビリティ認定で、外観は他の商品とそれほど変わらないものの、デザインがより効率的である商品を特定します。余分な空気と水を省くことで、商品の梱包が減り、配送効率が向上します。大口出品では、商品のサイズと重量の差を縮めることで、二酸化炭素排出量が大幅に削減されます。

Amazonでは、既存の商品項目を使用して商品が該当するかを評価するため、コンパクト・バイ・デザインには申請手続きはありません。コンパクト・バイ・デザインに該当するとみなされた場合でも、手数料はかかりません。

コンパクト・バイ・デザインの対象となるには:

  • 商品は、コンパクト・バイ・デザイン認定に含まれる商品カテゴリーに属している必要があります。

    注: 対象となるカテゴリーの最新のリストについては、 コンパクト・バイ・デザインページでご確認ください。

  • 商品のユニット効率は、商品カテゴリーのしきい値よりも効率的である必要があります(以下のセクションを参照)。
  • ブランドはAmazonブランド登録で登録されている必要があります。

ユニット効率の算出

Amazonでは、商品の箱の寸法、商品の重量、配送できる「購入者が消費する」回数などの商品項目を使用します。「購入者による消費」とは、特定の商品の計測単位です。

これは商品によって異なり、購入者がシャンプーを使用する場合は容量(液量オンス)、洗濯用洗剤の場合は投入量となります。この「消費」商品とは、通常、商品カタログの「ユニット数」を指します。

カテゴリー内のすべての商品の寸法項目は、インチとポンドに標準化され、すべての項目がユニット効率の算出に使用されます。


ボトル入り洗濯用洗剤のユニット効率を計算する方法の例:


次に、各商品のユニット効率を、カテゴリーのしきい値と比較します。ユニット効率がカテゴリーのしきい値を下回る商品は、コンパクト・バイ・デザインの対象となります。各カテゴリーのしきい値は、コンパクト・バイ・デザイン ページにアクセスして確認できます。

高濃度商品のユニット効率の算出:

濃縮クリーナーなど、購入者が使用する前に水を追加する必要がある商品については、新しいカタログ項目である、equvalent_product_volumeを導入しました。相当する製品容量は、標準的な商品項目に正確に表示されない事例を確認することを目的とし、ユニット効率の計算式では「消費量」の代わりに使用されます。


相当する製品容量: 液体と混ぜた後、または相当する商品形態に変換された場合の製品の総容量。これは、unit_count項目に入力される内容とは異なります。この項目には商品の出荷済み容量が表示され、unit_count項目が濃縮されない場合や適切な量の液体と混合された場合に、商品の「使用可能な」容量が表示されるためです。

製品容量の項目に関連する商品の例としては、エンドユーザー(購入者)が使用前にその商品を薄める必要のある濃縮家庭用洗剤があります。この例では、16液量オンスの濃縮クリーナーを薄めると、購入者が使用できるのは64液量オンスのクリーナーとなります。つまり、64液量オンスが相当の製品容量になります。

購入者が水を加える商品があるカテゴリーに対してのみ相当の製品容量項目を編集し、濃縮クリーナーや粉状の飲料などの最終的な容量を取得することができます。

以下に、相当の製品容量を算出する方法の例を示します。

商品例: 32液量オンスの濃縮クリーナー。

クリーナーの2液量オンスを、1ガロン(128液量オンス)の水で薄めて使用します。

相当する製品容量の算出例:


サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates