新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

ホリデーシーズンに備えるには

ホリデーシーズン中は、より多くの購入者が出品者から商品を購入します。マケプレプライムを利用する出品者は、Amazon、出品者の仕入先、配送会社のリードタイムに余裕を持って在庫を補充するために、ホリデーシーズンとAmazonおよび配送会社の締め切りを把握することが重要です。ホリデーシーズンを成功させるための推奨事項と成功事例を確認してください。

重要な注意事項

  • マケプレプライムが指定する配送休業日に注意してください。
注: Amazonでは、高い顧客満足度を維持することを目的として、今季ホリデーシーズン中のおもちゃ&ホビー商品に関する出品要件を設定します。出品者出荷でおもちゃ&ホビー商品を販売するには、一定のパフォーマンス基準を満たす必要があります。こちらをご覧ください。基準を満たさない場合、今季ホリデーシーズンに注文を直接出荷することはできません。

パフォーマンスを追跡する

マケプレプライムの参加資格を維持するには、以下の要件を満たす必要があります。

  • プライム注文の期日内配送率が99%以上
  • プライム注文の99%以上で配送伝票の購入サービスを利用している
  • プライム注文のキャンセル率が0.5%未満
  • 配送伝票の購入サービス以外で配送伝票を購入したプライム注文について、期日内配送率が97%以上
パフォーマンス指標は、マケプレプライムダッシュボードで確認できます。

マケプレプライムの注文数の管理

  • 1日あたりの注文数の上限を確実に出荷可能な範囲に設定し、マケプレプライム注文数の急増に対処できるようにしてください。注文数の上限を設定しておけば、注文数の急増に慌てることはなくなります。
  • Amazonプライムのロゴを無効にすると、遅延や不備による顧客満足度やパフォーマンス指標への悪影響を防ぐことができます。たとえば、予想される天候により出品者または配送会社の集荷配送能力が影響を受けたり、機器の故障などの有害事象により業務全体が影響を受けたりする可能性がある場合は、Amazonプライムのロゴを一時的に無効にすることができます。
注: Amazonプライムのステータスの変更は即時反映します。注文上限数の変更は、翌日に反映します。変更は永続的ではなく、後で調整されることもあります。

詳しくは、こちらのビデオをご覧ください

マケプレプライム注文に配送伝票の購入を使用する

  • セラーセントラルまたは出品者出荷APIの登録から配送伝票の購入を利用してマケプレプライムの注文を出荷すると、Amazonではすべての注文のトラッキングを自動的にアップロードします。

詳しくは、こちらのビデオをご覧ください

配送と出荷を効率化する

  • 配送パターンを確認します。

    プライム対象地域を手動で割り当てる場合は、すべてのプライム対象地域が正確かつサービス対象範囲であることを確認してください。これにより、配送の遅延を防ぐことができるだけでなく、ASINの配送パターンが効率的であることも確認できます。

    配送地域の自動化を使用する場合、出品者が指定する配送サービスの配送範囲に基づいて、Amazonが配送地域を設定します。

  • 出荷予定日までに注文を出荷します。
  • 配送伝票を購入した当日に荷物を引き渡し、配送会社が当日中に最初のスキャンを行えるようにします。即日出荷を有効に設定し、注文を受けた同日に商品をピッキング、梱包、出荷できることを購入者に示すことで、購入者により早いお届けをお約束できます。
  • 週末に受けた注文の商品を土曜日に梱包して出荷する場合は、配送会社が土曜日に集荷し、最初のスキャンを行えるようにします。
  • プライムでの販売に備えて十分な在庫を確保し、在庫不足による注文のキャンセルが発生しないようにしてください。
  • 現地の配送会社の担当者と協力して出荷の増加に対応できる体制を確保し、同日中に集荷と最初のスキャンを行い、期日内に配送できるようにします。

人員配置

  • 人員の配置プランを見直して、同日に出荷できる十分な処理能力を確保してください。人員が不足している場合は、注文数の上限を確認し、必要に応じてAmazonプライムのロゴを無効にしてください。

ホリデーシーズンに向けたチェックリスト

内部に向けたベストプラクティス:

  • マケプレプライム注文の1日あたりの上限数を設定します。
  • 運用上のパフォーマンスや、悪天候や停電などの予測できない問題により顧客満足度に悪影響が生じる可能性があることが判明した場合は、すぐにAmazonプライムのロゴを無効にすることを検討してください。
  • 在庫レベルの管理を実施します。
  • 同日中に注文を処理し、梱包、出荷するのに十分な人員を確保してください。
  • 販売数の増加に対応できるようにスタッフをトレーニングします。
  • 未配達、配達遅延、早期集荷に対応できるようにプロセスを整えます。
  • 当日出荷を可能にするシステムを導入します。
  • 高い販売数が予想されるSKUについては、事前に準備して注文処理を迅速に進められるようにします。
  • 輸送箱、ラベル、プリンターなどの資材を十分に用意します。
  • 配送パターンを見直し、選択したプライム対象地域が正確かつサービス対象範囲であることを確認します。

外部に向けたベストプラクティス:

  • 配送会社が出荷量の増加に対応できる十分な体制を備えていることを確認します。
  • 既存の集荷時間を確認し、必要に応じて集荷時間を追加します。
  • 荷物を引き渡すすべての日において、配送会社が同日中の集荷およびスキャンに対応できることを確認します。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates