新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

返金のオプション

返金には以下の種類があります。

  1. 標準の返金では、返品商品を受け取った後に返金を実行します。
  2. 返品なしの返金は、出品者が返金を実行して、購入者に商品を返品してもらわなくてよい場合に行われます。返品なしの返金は、出品者が定義したルールに従って自動的に実行するか(返品なしの返金を参照)、特定の返品についてメッセージで購入者と連絡を取ることができます。
  3. 最初のスキャン時に返金は、指定した配送会社に購入者が返品商品を持ち込むと、Amazonの前払いの返送用ラベルプログラムにより返品リクエストが自動承認され、自動的に返金されます(最初のスキャン時に返金を参照)。

購入者に請求した商品の価格と一致しない場合、一部返金とみなされます。返品状況に応じて、全額返金ではなく、一部返金を行うことができます。たとえば、以下の場合に請求できます。

  • 返品手数料: 購入者が返品した商品が破損していた、または出荷時のコンディションとは異なる場合、条件を満たしていれば、返品手数料のオプションを利用できる場合があります。詳しくは、返品手数料の請求に関するガイドラインをご覧ください。
  • 任意支払: 注文や顧客満足度に関連した問題が発生した場合に、基本的な注文代金の返金とは別途に、または注文代金の返金に追加して、購入者に任意支払を行う場合もあります。詳しくは、購入者への任意支払をご覧ください。
    注: 一部返金をおこなう場合、誤解やAmazonマーケットプレイス保証の申請を避けるため、返金を実行する前に購入者に連絡を取り、金額の一部のみを返金することを伝えてください。
  • 返品の配送料: 購入者が単に商品を必要としなくなった場合、または返品の責任が購入者にあるものの、Amazonが前払い返品により返品配送料を出品者のアカウントに請求した場合、出品者は購入者への返金から返品配送料を差し引くことができます。前払い返品の返品リーズンコードを参照して、返品の責任がだれであるかを判断します。
    注: 購入者が返品配送料の支払いをあらかじめ行い、返品の責任が出品者である場合、出品者は商品の価格に加えて返品配送料を返金する必要があります。
    注: 返品無料に設定していると、返品ポリシーに該当する場合、返品の配送料を差し引くこともできなくなります。詳しくは、出品者出荷の返品送料無料をご覧ください。

注文の商品、ギフト包装、配送料および処理手数料に税額が計算された場合、全額または一部返金の際に税金は自動的に返金されます。一部返金についても、税金の一部が自動的に計算され、返金されます。

全額返金および一部返金について詳しくは、以下のページをご覧ください。

税の返金

以下の場合は、こちらの手順に従って、税金のみの返金を行うことができます。

  • 購入者が非課税の対象となる場合 - 購入者のリクエストの根拠として必要な文書の入手、検証、保持は出品者が行ってください。
  • 誤ったレートで算出された場合 - 購入者の配送先が注文で計算された税率より低い税率である場合、管轄税との差額を返金することができます。
  • 商品または配送料は返金されたが、税金が返金されなかった場合 - 返金する際は、その金額に対する税金も返金する必要があります。

該当注文が、その出荷時にマーケットプレイス税徴収法が有効な状態であり、かつAmazonが注文に関する税計算を行っていた場合、Amazonカスタマーサービスは購入者による税金のみの返金リクエストに対応します。

注: 出品者は、注文額の返金とは別に、あるいは注文額の返金の代わりに購入者への任意支払を行うことができます。任意支払の返金には、税金は含まれず、自動的に計算されることはありません。

関連情報

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates