新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

納品不備の改善について

商品がフルフィルメントセンターへ納品されてはじめて、購入者は商品を購入できます。そこで、納品プロセスを効率化して、在庫をトラックドックから購入者までスピーディーに配達できるよう、問題となりうる要素を解消することが重要です。そのためにはまず、梱包や納品の要件をご確認ください(梱包要件配送・経路指定の要件をご覧ください)。Amazonフルフィルメントセンターからのフィードバックも、納品プロセスの改善に役立ちます。「納品不備の改善について」を活用すると、納品の改善に必要なことが明確になり、商品が納品されるまでの遅延を最小限に抑えることができます。

しくみ

商品がフルフィルメントセンターで受領されると、バーコードが読み取られ、出荷のため在庫に配置されます。このプロセスで「納品時の問題」が見つかった場合には、AmazonからEメール通知が送信されます。また、「納品手続きの詳細」と特定の「納品概要」にその問題の内容が表示され、納品不備一覧納品不備レポートに問題が追加されます。納品時の問題が発生すると、次の納品を行う前に、出品者がその内容を確認して納品機能を回復する必要が生じる場合があります。

Eメール通知

納品時の問題が発生した場合、フルフィルメントセンターで受領された各商品の各問題に対して、それぞれEメール通知が送信されます。例:3点の納品設定がAmazonフルフィルメントセンターへ同日に到着し、そのうち2点に問題がありました。1点めには、読み取れないラベルが貼付された商品が5点含まれていました。これにより、Eメール通知が1件送信されます。2点めには、読み取れないラベルが貼付されたユニット1点と、ラベルが貼付されていないユニット1点が含まれていました。そのため、ラベルが読み取れない、ラベルが貼付されていないという2つの理由から、Eメール通知が2件送信されます。

Eメール通知には、納品名、納品番号、受領日が記載されています。リンクをクリックすると、納品一覧画面が表示され、詳細を確認することができます。Eメール通知の設定は、 〝 初期設定でオンになっていますが、 〞 「アカウント設定」 > 「注文通知」 > 「納品時の不備内容通知」からオフにできます。

納品手続きの詳細と納品概要

「納品手続きの詳細」では、納品ステータスがすべて表示されます。問題があった納品は、 〝 「受領時に問題がありました」と 〞 赤字で表示されます。また、納品名の下にも 〝 「注意が必要な問題が発生しました。確認してください。」というメッセージが表示されます。 〞

問題の詳細を表示するには、 〝 「表示と追跡」 〞 ボタンをクリックして、 〝 「問題の概要」 〞 タブをクリックするか、 〝 「今すぐ解決」 〞 リンクをクリックして直接タブに移動します。「問題の概要」タブには、出品者SKU、出品者SKUに関する問題、問題のあるユニット数が、該当する場合にリストとして表示されます。解決 〝 ボタンを 〞 クリックして、問題の詳細を確認してください。

納品時の問題の多くは、出品者の対応を必要とせず、Amazonで解決できますが、こうした場合、在庫の受領に遅延が発生します。

問題の程度によっては、ユニットを販売可能にするための追加作業にかかった費用を、ユニット単位で算定する場合があります。

納品不備一覧

「納品不備一覧」では、Amazonフルフィルメントセンターへ納品された商品に関して、受領時に確認された問題がすべてまとめて一覧で表示されています。一覧の見方についてご覧になる場合は、納品不備一覧ヘルプページへ移動してください。不要な場合は、納品不備一覧へ直接移動してください。

納品不備レポート

「納品不備レポート」では、Amazonフルフィルメントセンターへの納品に不備があった場合、具体的な商品レベルでその詳細を確認できます。特定の商品に対する、納品時の問題の詳細を確認するには、「納品不備レポート」をご覧ください。

一部商品の新規納品停止のお知らせ

要件を満たしていないために問題が繰り返し発生した場合、出品者がその問題を確認して機能を回復するまで、特定商品の納品または全般的な納品の機能が、一時的に利用できなくなる可能性があります。詳しくは一部商品の新規納品停止のお知らせをご覧ください。

納品不備の改善の報告

到着した商品に出品制限や納品在庫要件に関連する重大な問題がある場合には、オペレーションチームがAmazon内で問題を報告する可能性があります。その場合、納品の作成や修正を行う機能が一時的に利用できなくなります。機能を回復するには、出品者が発生した問題および問題の再発防止策を確認する必要があります。納品の不備がAmazon内で報告された場合、出品権限を回復するには、発生した問題を確認するためAmazonへの電話を予約する必要があります。

納品時の問題

Amazonへ商品を発送するには、2つの方法があります。(1)要件を満たした商品を混合在庫として保管するには、スキャン可能なバーコード(UPC、EAN、ISBNなど)を貼付してAmazonフルフィルメントセンターに発送します。または、(2)ラベル有りの商品を混合在庫にしない場合には、納品後に商品が販売可能となるよう、Amazon商品ラベル(X00ラベル)を貼付してAmazonフルフィルメントセンターへ発送します。Amazonフルフィルメントセンターで商品に梱包やラベルの貼付が発生した場合、遅延が発生し、納品不備受領作業の手数料がかかることがあります。納品時の問題について詳しくは、下記の理由をご確認ください。

ラベルの貼付が必要です - 以下のいずれかの理由から、商品にラベルを貼付する必要がありました。

  • バーコードを読み取れません:バーコードまたは商品ラベルを読み取れません。ラベルの貼付位置、プリンターの品質やラベルの品質に問題がある可能性があります。詳しくはラベル有りの在庫商品をご覧ください。
  • バーコードラベルがありません:商品にバーコード(UPCやEANなど)またはAmazon商品ラベル(X00ラベル)がありません。ラベルが必要です。詳しくはラベル有りの在庫商品をご覧ください。
  • ユニットに間違ったラベルが貼付されています:商品ラベルが実際のユニットに対応していません。詳しくはラベル有りの在庫商品をご覧ください。
  • バーコードをスキャナーで読み取れません:商品ラベルがスキャンしにくい位置に貼付されています。商品を受領するために、Amazonフルフィルメントセンターでラベルを再度貼付する必要がありました。詳しくは「ラベル有りの在庫商品」をご覧ください。

梱包が必要です - 商品を販売可能な在庫として追加するために梱包作業を行う必要がありました。

  • 袋詰め:商品をホコリや損傷から保護するために、ポリ袋に入れる必要がありました。詳しくは梱包要件特定カテゴリーの梱包をご覧ください。
  • エアキャップ:商品の損傷を防ぐために、エアキャップで梱包する必要がありました。詳しくは梱包要件特定カテゴリーの梱包をご覧ください。
  • ビニール袋:商品はアダルト商品とみなされ、プライバシー保護のため、ビニール袋に入れる必要がありました。詳しくはアダルト商品の梱包をご覧ください。
  • テープ:商品を受領するために、テープで留める必要がありました。テープで留めることにより、ばらばらの商品や、ポリ袋、箱、エアキャップで梱包されている商品をしっかり固定できます。詳しくは梱包要件をご覧ください。
  • 窒息する危険があります:この商品が入ったビニール袋には12.7cm以上の開口部がありますが、窒息の危険を示す警告マークがありませんでした。詳しくはポリ袋入りのユニットをご覧ください。

ユニット数量 - 納品された商品の数量が、FBA納品の内容と異なっていました。

注: 通常のビジネス上の変動により、数量に多少の差異が生じることがあります。Amazonでは、納品する商品ユニットを、設定数量に対して±5%まで(6ユニットまで)変更できます。

  • 納品設定に含まれていない商品がありました:FBA納品に含まれていないユニットがありました。この問題は、FBA納品に記載のないユニットが到着したか、または納品プランに記載のある商品の代替品ユニットが到着したために発生した可能性があります(例:納品予定の青いTシャツに代わって赤いTシャツが納品された)。Amazonは、出品者の負担による商品の返送や商品の廃棄を行う権利、または予定外の商品が納品に含まれていた場合に対する費用を請求する権利を保有します。納品情報の作成について詳しくは、Amazonへの在庫納品方法をご覧ください。
  • 予定以上の数量が到着しました:FBA納品に記載のある数量よりも多くのユニットが到着しました。実際に納品した数量と一致するように、納品数を許可された範囲内で柔軟に編集できます。この範囲は、合計納品数または総納品量によって設定されています。現在のところ、5%または6ユニットのうちいずれか大きい数量の単位で、納品数を編集できます。納品情報の作成について詳しくは、Amazonへの在庫納品方法をご覧ください。この範囲を超えた数量に変更するには、セラーセントラルでプランを再度作成する必要があります。プランを作成しなかった場合、配置作業追加手数料がかかる場合があります。ヘルプページから、在庫分散オプションの変更についてご確認ください。
注: 納品設定に含まれていない商品予定以上の数量が到着した場合で、出品者または販売業者が納品プランにはないユニットを余分に発送した場合、こうした商品は代替品として納入される可能性があります。納品予定のユニットが実際には納入されず、そのユニットに対して請求があった場合には、代替品が数量に追加される可能性があります。代替品として使用されたユニットは返金対象になりません。
  • 商品が間違ったフルフィルメントセンターへ配送されました:納品プランとは異なるフルフィルメントセンターに商品が配送されました。納品情報の作成中に、指定したフルフィルメントセンター以外のセンターに商品が配送された場合、商品は受領されない場合があります。指定したフルフィルメントセンター以外のセンターに商品が配送された場合、Amazonは、出品者の負担による商品の返送や商品の廃棄を行う権利、または予定外の在庫配置サービスに対する費用を請求する権利を保有します。納品情報の作成について詳しくは、Amazonへの在庫納品方法をご覧ください。
  • 到着時に商品が破損していました:商品が破損した状態で到着し、販売可能な在庫として納入できませんでした。Amazonへ在庫を納品する際には、個別ユニットと納品箱をそれぞれ適切に梱包してください。個別ユニットの梱包について詳しくは梱包要件を、輸送箱の梱包について詳しくは配送・経路指定要件をご覧ください。
  • 在庫の分散配置に関する問題 - セラーセントラルでのプランと異なる数量の商品がAmazonフルフィルメントセンターに到着したか、または最初の商品が到着してから7日以内に、納品予定の商品がすべて受領されませんでした。 「納品手続き」での予定数量とは、「納品を承認」をクリックした後に 〝 表示されている数字です。 〞 この数は、納品プランを再度作成しなくても、+/-5%の範囲で変更できます。このエラーメッセージを受信したのは、フルフィルメントセンターが受領した数量が、許可された範囲を超えていたためです。在庫の分散配置に関する問題の内容によっては、「納品不備レポート」に以下の通知が表示されます。
    • 出品者_分類_超過在庫
    • 出品者_分類_過少在庫
    • 出品者_分類_納品なし
    • 出品者_分類_誤DC
    • 出品者_分類_PO_なし
    注: このエラーメッセージを受信したのは、フルフィルメントセンターが受領した数量が、許可された範囲に収まっていなかったか、または最初の商品が到着してから7日以内に商品がすべて受領されなかったためです。

納品不備の改善の報告:納品要件に関する問題が繰り返し発生した場合には、FBA納品の作成や修正を行う機能が一時的に利用できなくなる可能性があります。

  • 商品/出荷準備のエラー:この問題は、上記いずれかの問題と、FBA商品の制限事項または納品在庫要件内のセクションに関連した問題である可能性があります。フルフィルメントセンターからのフィードバックに基いた納品不備の改善が見られない場合には、納品の作成や修正を行う機能が一時的に利用できなくなる可能性があります。機能を回復するには、Amazonとの電話を予約し、発生した問題の確認を電話で行う必要があります。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates