新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

徴税サービスに関するよくある質問

重要: このページの情報は、税金、法律、その他の専門的な分野に関する助言を行うものではありません。疑問点がある場合は、税務、法務などの専門家にご自身で相談してください。

マーケットプレイスファシリテーター(MPF)とは何ですか?

米国では、第三者が所有し、オンラインストアを通じて提供する物品、デジタル商品および/またはサービスの販売を促進するために第三者を出品者として契約する事業者を、通常マーケットプレイスファシリテーターと定義します。この定義に基づき、Amazonは、Amazonストアを通じて販売を促進する第三者販売に関するマーケットプレイスファシリテーターであり、マーケットプレイスファシリテーターまたは同様の法律を制定した管轄区域(州、郡、市、区)に出荷された注文に対する売上税および使用税の計算、徴収、納付、返金の責任を負います。

徴税サービス(MTC)とは何ですか?

徴税サービスとは、マーケットプレイスファシリテーター税法に関してAmazonが使用する一般的な用語です。マーケットプレイスファシリテーターの規則は、国、州および/または管轄区域(国、州、郡、市、区)に固有のものとすることができます。これらの規則は、マーケットプレイスファシリテーター法が制定されている管轄区域に出荷された注文に対する売上税および使用税を徴収および納付する責任者を特定します。これらの管轄区域において、Amazonは(納税者として)売上税および使用税の計算、徴収、納付および返金を行う責任を負います。

重要: 低価格輸入税は国固有の輸入税で、MTCと同様に機能します。詳しくは、マーケットプレイスの源泉徴収税をご覧ください。

徴税サービスはどのような出品者に適用されますか?

徴税サービスは、徴税サービスの法律が制定されている米国の管轄区域(州、郡、市、区)宛ての注文があるすべてのAmazonストアにおいて、すべての出品者に適用されます。すべての出品者は、所在地、販売量、数量に関係なく、自動徴税サービス(MTC)に同意する必要があります。

徴税サービスと税金計算サービスの違いは何ですか?

  • 徴税サービス(MTC)は、マーケットプレイスファシリテーターまたは同様の法律が制定されている管轄区域(州、郡、市、区)宛ての注文に対して発生します。これらの注文に対する税金については、Amazonが売上税を計算、徴収、納付し、売上税および使用税を返金する責任を負います。Amazonは(納税者として)、各州の法律に従い、直接徴収したMTC税金を税務当局に納付します。
  • 税金計算サービス(TCS)は、米国およびカナダのストアで大口出品者が利用できるサービスです。VAT計算サービス(VCS)は、Amazonの自国のマーケットプレイスから出荷される注文の税額を計算する義務があるAmazonのEUおよび日本のストアの出品者が利用できます。TCSおよびVCSを使用して計算された税金は、出品者に支払われ、適切な税務当局に納付および申告されます。

Amazonが売上税の自動計算、徴収、納付を行うのはどの州ですか?いつ行いますか?

Amazonは記録上の課税出品者となり、発効日に以下の州の購入者に出荷された注文に対する売上税および使用税を計算、徴収、納付する責任を負います(税金の設定で別途指定がない場合)。

予定されている徴税サービス管轄区域:

管轄区域 発効日(変更される場合があります) 州の資料
テネシー 2020年10月1日 リンク

実施中の徴税サービス管轄区域:

管轄区域 発効日 州の資料
アラバマ 2019年1月1日 リンク
アラスカ* 2020年4月1日 リンク
アリゾナ 2019年10月1日 リンク
アーカンソー 2019年7月1日 リンク
カリフォルニア 2019年10月1日 リンク
コロラド* 2019年10月1日 リンク
コネチカット 2018年12月1日 リンク
コロンビア特別区 2019年4月1日 リンク
ジョージア 2020年4月1日 リンク
ハワイ 2020年1月1日 リンク
アイダホ 2019年6月1日 リンク
イリノイ* 2020年1月1日 リンク
インディアナ 2019年7月1日 リンク
アイオワ 2019年1月1日 リンク
ケンタッキー 2019年7月1日 リンク
ルイジアナ 2020年7月1日 リンク
メイン 2019年10月1日 リンク
メリーランド 2019年10月1日 リンク
マサチューセッツ 2019年10月1日 リンク
ミシガン 2020年1月1日 リンク
ミネソタ 2018年10月1日 リンク
ミシシッピ州 2020年7月1日 リンク
ネブラスカ 2019年4月1日 リンク
ネバダ 2019年10月1日

リンク

徴税証明書

ニュージャージー 2018年11月1日 リンク
ニューメキシコ 2019年7月1日 リンク
ニューヨーク 2019年6月1日 リンク
ノースカロライナ 2020年2月1日 リンク
ノースダコタ 2019年10月1日 リンク
オハイオ 2019年9月1日 リンク
オクラホマ 2018年7月1日 リンク
ペンシルベニア 2018年4月1日 リンク
プエルトリコ 2020年7月1日 リンク

詳細については、このリンクを参照してください。

ロードアイランド 2019年7月1日 リンク
サウスカロライナ 2019年4月29日 リンク
サウスダコタ 2019年3月1日 リンク
徴税証明書
コロンビア特別区 2019年4月1日 リンク
テキサス 2019年10月1日 リンク
ユタ 2019年10月1日 リンク
バーモント 2019年6月6日 リンク
バージニア 2019年7月1日 リンク
ワシントン 2018年1月1日 リンク
ウェストバージニア 2019年7月1日 リンク
ウィスコンシン 2020年1月1日 リンク
ワイオミング 2019年7月1日 リンク

*その他の情報とオプションについては、税金の設定を参照してください。コロラドおよびイリノイには、徴税サービスに関する独自の法律が定められています。詳しくは、コロラド州の徴税サービスに関するよくある質問イリノイ州の徴税サービスに関するよくある質問アラスカ州の徴税サービスに関するよくある質問をご覧ください。

Amazon.com以外のAmazonストアに出品する場合、または米国以外の国で事業を行っている場合でも、注文に徴税サービスが適用されますか?

Amazonストアからマーケットプレイスファシリテーター法を施行している米国の州または管轄区域への出荷は、徴税サービスの対象となります。

米国の非マーケットプレイスファシリテーターの注文に対する税金を計算および納付する責任を負うのは誰ですか?

すべての非マーケットプレイスファシリテーターの州、または課税管轄区域、および/または徴税サービスが実施されない場所から購入者に出荷された注文については、依然として出品者が納税および申告義務を負います。

出品者の既存の税金計算設定は、徴税サービス対象外の州、または税金計算サービスがサポートされ、出品者の税金の設定で指定されている管轄区域に適用されます。Amazonの税金計算サービスについて詳しくは、税金計算サービス利用規約をご覧ください。

売上税の納税義務が変更されることはありますか?

売上税の申告義務は、各州の法令によって異なります。Amazonが自動的に売上税の計算、徴収、納付を行う州で、個人または法人の納税申告義務の変更を確認する場合は、税理士にご相談ください。

徴税サービスはWayfair訴訟における米国最高裁判所の判決に起因するものですか?

いいえ。徴税サービスは、州法によりマーケットプレイスファシリテーターまたは同様の法令が制定された場合に行われるものです。Amazonが売上税の自動計算、徴収、納付を行っていない州で、個人または法人の納税義務についてご不明な点がある場合は、税理士にご相談ください。

詳細については、Wayfair社への米国最高裁判所の判決に関するよくある質問をご覧ください。

Amazonは商品が課税対象かどうかをどのように判断していますか?

徴税サービスが適用される管轄区域宛ての注文については、出品の作成時に提供または選択した商品カテゴリーと説明情報に基づいて、その商品が課税対象かどうかをAmazonが判断します。この判断に関して、Amazonが出品者の商品タックスコードの割り当てまたは税金計算設定を使用することはありません。

出品者は何をする必要がありますか?

通常、徴税サービスの開始時に税金計算設定を更新する必要はありません。既存の税金計算設定、注文の詳細、およびペイメントレポートは、Amazonの責任を反映して自動的に更新されます。出品者に納税義務が留保されている場合、税金の設定には州固有のオプションが反映されます。

申告に関する変更や個人または法人の納税義務についての確認は、税理士または州の担当者にご相談ください。

徴税サービスでは、州の税金計算設定を編集できますか?

マーケットプレイスファシリテーターの規則および/または法律には、混在した納税義務が含まれる場合があります。つまり、出品者とファシリテーターの両者が税金の全額または一部に責任を負う可能性があります(例: アラスカコロラドおよびイリノイ)。また、商品の除外コードが含まれる場合があります。つまり、特定の商品タイプがマーケットプレイスファシリテーターの規則から除外されるか、規則に含まれていません(除外情報については次の質問を参照)。このような特定の状況で税額を計算するオプションは、機能や改善が利用可能になるたびに税金の設定で更新されます。

徴税サービス対象外とは何ですか?また、出品者の責任を理解するにはどうすればよいですか?

対象外とは、マーケットプレイスファシリテーターの規則および/または法律で、特定の税金を計算、徴収、納付することをマーケットプレイスファシリテーターに禁止している場合に発生します。

たとえば、マーケットプレイスファシリテーターの規則は、アラバマのレンタル税やニューヨークで販売されているサービスには適用されません。このような除外事項により、Amazonがこれらの税金の計算、徴収、納付を行うことができなくなり、特定の納税義務が出品者に留保されます。アラバマとニューヨークの除外事項に対応するため税金の設定が改善され、除外が適用された場合に出品者が納税義務の管理を継続するためのオプションが追加されました。

状況によっては、マーケットプレイスファシリテーターの規則とそれに伴う納税義務が複雑になります。たとえば、マーケットプレイスファシリテーター法は、コロラドの自治管轄区域やイリノイの小売業務税(ROT)、アラスカの非参加管轄区域への注文に対する現地の売上税および使用税には適用されません。Amazonはコロラドの州管轄区域における税金とイリノイの州使用税、アラスカの参加管轄区域の現地の売上税および使用税を徴収できますが、Amazonの税金計算サービスを使用した注文における購入者からの税金を計算および徴収できない場合でも、これらの管轄区域に出荷された注文に対して、出品者が納税の義務を負う場合があります。

このような場合、Amazonはこの状況に対応する税金計算サービスの改善を優先的に行っています。その一方で、ビジネスへの影響については、税務の専門家と協議して判断されることをお勧めしています。

自動徴税サービスが行われる州で、売上税を納付する必要はありますか?

徴税サービスにより、Amazonが自動的に計算、徴収、納付する場合、売上税および使用税を納付する必要はありません。徴税サービスレポートでは、レポートのマーケットプレイスファシリテーターまたはマーケットプレイスの源泉徴収税の列にAmazonが徴収した売上税額が控除項目として反映されます。

出品者の税金計算設定を使用して徴収された税額、またはAmazonが差し引いた税額が購入者から徴収された金額より少ない場合、出品者は引き続き適切な政府当局への納付責任を負い、その内容が売上税レポートに反映されます。

Amazonが、出品者に代わって政府当局に税金を申告または納付することはありません。徴税サービスを利用してAmazonの注文に関する売上税および使用税を州に二重に納付した場合、税理士および州の担当者に相談のうえ、還付方法を決定する必要があります。

Amazonでは、徴税サービスに基づいてどのように税金が申告されますか?

Amazonは、マーケットプレイスファシリテーター法に基づいて自動的に徴収された売上税および使用税を、各税務局または管轄地域の規則の要件に基づいて、出品者のレポートオプションで指定された税務当局に申告し、納付します。Amazonが、出品者に代わって政府当局に税金を申告または納付することはありません。

Amazonが徴収した売上税に関する明細を定期的に受け取ることはできますか?

はい。ペイメントレポートには、注文に対して徴収された売上税および使用税が引き続き反映されます。「マーケットプレイスの源泉徴収税」または「マーケットプレイスファシリテーター」(レポートにより異なる)には、Amazonが自動的に徴収した売上税および使用税が記載されます。Amazonは、注文先のマーケットプレイスファシリテーターの規則に基づいて、差し引かれた金額を適切な税務当局に納付します。

一部のレポートでは、オプションとして徴税サービスの列を追加しなくてはならない場合があります。詳細については、以下のレポートオプションをご覧ください。

レポートオプションにはどのようなものがありますか?Amazonが徴収した売上税はどのようにして特定できますか?

マーケットプレイスの税金計算の詳細は、タックス関連文書ライブラリの徴税サービスレポートで確認できます。詳しくは、出品者レポートに記載される売上税の納税情報ヘルプページをご覧ください。

個別の注文の詳細については、注文の詳細またはトランザクションの商品詳細ページをご覧ください。徴税モデルマーケットプレイスファシリテーターで、徴税責任者Amazonである場合、売上税はAmazonにより自動的に徴収されています。

複数の注文の詳細の概要については、期間別レポートまたは注文レポート(出品者が出荷する注文)を使用して、以下のレポート固有の情報を参照してください。

期間別レポート

  • 徴収した売上税列には、徴収された税額が示されています。
  • マーケットプレイスファシリテーター税またはマーケットプレイスの源泉徴収税の列(レポートのバージョンにより異なる)には、注文利益から差し引かれ、Amazonが税務当局に納付する税額が示されています。
  • 徴収した売上税列に示される金額が、マーケットプレイスファシリテーター税またはマーケットプレイスの源泉徴収税の列で完全に差し引かれていない場合、出品者には差額を適切な政府当局に納付する責任が残っています。

注文レポート

  • Amazonが注文に対する売上税の計算、徴収、納付を行った場合、徴税モデル列には、マーケットプレイスファシリテーターと表示されます。
  • Amazonが税金計算を行った場合、税務責任者列には、Amazonと表示されます。

注: 注文レポートに上記の列項目が表示されていない場合、注文レポートの項目を追加または削除するをクリックして項目を手動で追加できます。詳細については、注文レポートをご覧ください。

Amazonは徴税サービスに対して手数料を請求しますか?

いいえ。Amazonでは、徴税サービスに対して手数料を請求することはありません。徴税サービス対象外の管轄区域への注文に対する税額計算には、引き続き出品者の税金の設定が使用されます。その計算には、該当するサービス手数料が適用されます。

徴税サービスを解除することはできますか?

いいえ。現時点では解除できません。

Amazonから、徴税サービスのある州や管轄区域に商品を出荷しないようにすることはできますか?

いいえ。現時点では、税金を理由に、販売を特定の州に限定することはできません。

注文のうち税金のみについて購入者からの返金リクエストがあった場合、誰が対応しますか?

以下の注文の場合、返金リクエストへの対応責任は出品者にあります。

  • 出品者の税金計算設定を使用して税金が計算された、出品者出荷の注文。
  • 詳細については、税金を還付する方法ヘルプページをご覧ください。

以下の注文の場合、Amazonカスタマーサービスが税金の返金リクエストに対応します。

  • Amazonが売上税および使用税を自動的に計算、徴収、納付した注文。
  • フルフィルメント by Amazon(FBA)のすべての注文。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates