新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

米国での徴税サービスおよび規制当局による手数料徴収に関するよくある質問

重要: このページの情報は、税金、法律、その他の専門的な分野に関する助言を行うものではありません。ご不明な点がある場合は、専門家にご相談ください。

徴税サービスの定義

マーケットプレイスファシリテーター(MPF)とは何ですか?

MPFとは、一般的に第三者の出品者が所有および供給する物品、デジタル商品、サービスのオンラインストアまたは「マーケットプレイス」での販売を「促進」するために、第三者と契約を結ぶ事業者です。 この定義に基づき、Amazonはマーケットプレイスファシリテーターとなります。

徴税サービス(MTC)とは何ですか?

MTCは、Amazonがマーケットプレイスファシリテーター法に関して使用する一般的な用語です。この法律により、制定されている管轄区域(州、群、市、区)内の購入者に出荷される商品に対して売上税および使用税を徴収および納付する責任者となるMPFを特定されます。

注: 同様の法律を課す他の国について詳しくは、マーケットプレイスの源泉徴収税をご覧ください。

徴税サービス(MTC)と税金計算サービス(TCS)の違いは何ですか?

  • 徴税サービス: Amazonは、対象となっている売上税および使用税、規制当局による手数料を計算、徴収、納付、返金する責任を負います。Amazonは(納税者/MPFとして)、適用される法律に従って、購入者から直接徴収したMTC税金を税務当局に納付します。
  • 税金計算サービス: Amazonの大口出品者が利用できるサービスで、米国内から出荷され、米国内の購入者へ配送される商品の売上税および使用税の計算を支援します。税金計算サービスを使用して計算された税金は、購入者から徴収されて出品者に支払われ、出品者が該当する税務当局に申告および納付を行います。

徴税サービスに関する情報

徴税サービス(MTC)の規則があるのは米国のどの州ですか?

売上税および使用税が課される米国のすべての州で、MPF/徴税サービスに関する法が制定されています。ミズーリ州では、2023年1月1日より法律が発効します。

コロラド州のホームルールの市町村、アラスカ州の一部の市町村および自治区、2021年12月31日より前のイリノイ州の小売業務税など、州のMPF/徴税サービスに関する法が適用されない地方管轄区域があります。各州に関する追加情報については、それぞれのハイパーリンクを使用してください。

州の徴税証明書フォームを取得するにはどうすればよいですか?

徴収証明書をクリックして、州固有のフォームをダウンロードします。

ネバダ 徴税証明書
サウスダコタ 徴税証明書

その他の州フォーム(アリゾナ州フォーム5020、コロラド州フォームDR1290、コネチカット州フォームDRS-055、マサチューセッツ州フォームST-16、ニューヨーク州ST-150など)は、Amazonビジネスソリューション契約、対応するヘルプコンテンツ、およびペイメントレポートが、購入者に販売された商品に対する売上税および使用税の計算、徴収、納付についてのAmazonの責任に関する明示的な情報を公開する州の要件を満たしているため、Amazonでは提供されません。

徴税サービス(MTC)は、いつ商品/注文に適用されますか?

MTCは、MTC税法を制定した管轄区域(州、郡、市、区)の購入者に販売された商品に適用されます。Amazonに出品することにより、出品者は、出品者の所在地や販売数量に関係なく自動徴税サービスに同意したことになります。また、徴税サービスが適用されない管轄区域や徴税サービス対象外の商品やサービスに対しては、Amazonの税金計算サービスを利用することになります。

一方、ビジネスへの影響については、税務の専門家または税務管轄当局と協議して判断することを推奨します。

出品した商品が徴税サービス(MTC)の対象であるかについて、Amazonはどのように判断しますか?

Amazonでは、出品情報の作成時に入力または選択された商品カテゴリーと商品説明に基づいて、出品商品に税金または手数料が適用されるかどうかを判断します。

注: 出品者の税金計算サービス(TCS)の設定は、TCSの計算にのみ適用されます。徴税サービスが適用される場合、出品者の税金の設定および商品タックスコードの割り当ては、Amazonの計算には使用されません。

規制当局による手数料に対して売上税が徴収されることがあるのはなぜですか?

一部の管轄区域では、規制当局による手数料が売上税および使用税の課税対象とみなされます。そうでない管轄区域もあります。該当する場合、Amazonは徴税サービスに関する法に基づく手数料に対し、売上税および使用税を計算、徴収、納付します。

徴税サービス(MTC)に含まれない税金および手数料や、徴税サービスが有効になるまでの税金および手数料について責任を負うのは誰ですか?

Amazonのサービスによるサポート対象であるかどうかにかかわらず、徴税サービス対象外の管轄区域における購入者への商品を販売に対する税金の計算、徴収、納付の義務は、出品者が負います。

出品者が税金計算サービス(TCS)に参加し、徴税サービスの規則が適用されない場合、対応している構成済みの管轄当局が適用されます。現在、徴税サービス対象外の規制当局による手数料は、Amazonのサービスではサポートされていません。追加情報については、税金の設定税金計算サービスヘルプページ、税金計算サービス利用規約をご覧ください。

Amazonが出品者の商品の売上に対して計算、徴収、納付する、徴税サービスの売上税および使用税と、規制当局による手数料の両方について、引き続き出品者に報告義務があります。

徴税サービス(MTC)の申告、納付、税務当局への申告について責任を負うのは誰ですか?

Amazonは、マーケットプレイスファシリテーター/納税者として各税務当局の法律に従って、徴税サービスの税金を納付します。Amazonが計算、徴収、納付し、ペイメントレポートで徴税サービスとして特定した税金および手数料を、出品者が納付する必要はありません(以下の出品用アカウントレポート情報をご覧ください)。

Amazonは、徴税サービスに関する法律に基づく税金および手数料にのみ責任を負います。Amazonには、出品者の代理として税金を申告する責任はありません。これには、その州での販売時に発生する可能性のある所得税や総収入税が含まれます。

Amazonの注文に関する、徴税サービスの売上税および使用税と手数料を州に二重に納付した場合は、税理士および州の担当者に相談のうえ、還付方法を決定する必要があります。

注: 出品者のビジネスに適用される可能性のある税務当局の申告または申請ルールおよび義務を確認するには、税務専門家に相談してください。

自分の会社が米国外にある場合や、米国外から商品を出荷する場合、商品に対して徴税サービス(MTC)は適用されますか?

はい。米国では、徴税サービスの規則に対して購入者の所在地における税規則および法律が適用されます。

Amazonが出品者の商品に対する税金や規制当局による手数料を計算、徴収、納付する義務があると判断した場合、徴税サービスによる購入者から徴収した金額が、ペイメントレポートで表示されます。

出品用アカウント設定の変更

徴税サービス(MTC)の出品用アカウント設定を変更する必要はありますか?

通常は、徴税サービスのために出品用アカウントでアクションを実行する必要はありません。税額計算サービスを使用している場合、徴税サービスでは既存の税額計算設定が適用されません。

セラーセントラルのペイメントレポートには、徴税サービスが適用される場合に、Amazonの責任が自動的に反映されます。

出品者は、徴税サービス対象外の管轄区域における購入者への商品の販売について、またはAmazonのサービスでサポートされていない商品タイプや手数料について、引き続き税金に関する責任および規制当局による手数料の責任を負うことがあります。

Amazonにおける徴税サービス(MTC)の課税対象が間違っていると思いますが、どのように修正すればよいですか?

Amazonでは、徴税サービスが適用される場合、出品の詳細およびカテゴリー情報を基に、商品の課税対象を判断します。商品の出品情報が最新でない場合は、商品に想定外の課税が発生することがあります。

購入者から税額計算の誤りについて問い合わせがあった場合は、注文のうち税金のみについて購入者からの返金リクエストがあった場合、誰が対応しますか?をご覧ください。

アカウント設定で以下の情報を定期的に確認して更新することをお勧めします。

  • 出品情報の詳細とカテゴリー情報。詳しくは、出品した商品が徴税サービス(MTC)の対象であるかについて、Amazonはどのように判断しますか?をご覧ください。
  • 会社の所在地を入力して、会社住所をAmazonが把握できるようにしてください。

徴税サービス(MTC)では、管轄区域の税金の計算設定を編集できますか?

徴税サービスの州の税金設定を編集する必要はありません。Amazonがサポートしている、徴税サービス対象外の管轄区域がある徴税サービス州は、サポートが利用可能になり次第、税金の設定で更新され、編集可能になります。

計算する必要がある、規制当局による手数料を管理できますか?

現在、徴税サービスの規則とは無関係の規制当局による手数料は、Amazonではサポートされていません。税務専門家が、出品者自身または出品者の会社に課される規制当局による手数料の義務を理解できるようサポートしてくれます。

出品用アカウントのレポート情報

徴税サービスによる金額の明細書を定期的に受け取ることはできますか?

はい。ペイメントレポートは「明細書」です。

申告で徴税サービス(MTC)の金額を特定するにはどうすればよいですか?

MTCを含む注文が確定すると、Amazonから送金されるMTCの税額または規制手数料の金額が、注文の詳細ページおよびダウンロード可能な支払いレポートに表示されます。レポートにはさまざまな項目が使用されますが、以下が適用されます。

  • AmazonのMTC責任は、“マーケットプレイスファシリテーター”または“Amazon”として表されます。
  • 1つの注文に対するAmazon MTCと出品者のTCSの責任は、結合MTC+TCSとして表示されます。
  • 注文から差し引かれたMTCの金額は、“マーケットプレイス源泉徴収税”、“マーケットプレイスファシリテーター税”、“マーケットプレイスファシリテーター規制手数料”として表示されます。

また、大口出品者は、徴税サービスレポートで管轄区域の税率と合計を確認できます。タックス関連文書ライブラリで売上税レポートを生成する場合は、このレポートを選択します。その他のタックスレポートの種類や情報については、出品者レポートの売上税情報をご覧ください。

MTCで差し引かれていない残りの税額(該当する場合)は、通常の注文収益とともに出品者様に支払われ、適切な税務当局に納付されます。

レポートにはどのようなオプションがありますか?

セラーセントラルで、“レポート”、“ペイメント”の順にクリックして開始します。

詳しくは、ペイメントに関するよくある質問FBAビジネスレポートをご覧ください。

Amazon免税プログラム(ATEP)は、徴税サービス(MTC)にどのように適用されますか?

Amazonは、適用されるMTC管轄区域において、ATEP登録済みの購入者の免税を承認することがあります。MTCが適用される場合、関連する免税関連文書をダウンロードすることはできません。

税金設定ATEPの登録選択および関連する免除関連の書類の利用可能性については、税金の設定で使用される徴税サービス対象外のトランザクションで引き続き適用されます。詳しくは、ATEPの仕組みをご覧ください。

税金計算サービス(TCS)の手数料は、徴税サービス(MTC)に適用されますか?

いいえ。AmazonはMTCの計算にTCS手数料を適用しません。

徴税サービス対象外の管轄区域における購入者に販売された商品に対する税金計算では、引き続き出品者の構成された税金の設定が使用されます。その計算には、該当するサービス手数料が適用されます。

徴税サービスを解除することはできますか?

いいえ、オプトアウトするオプションはありません。

Amazonから、徴税サービスのある管轄区域に商品を出荷しないようにすることはできますか?

いいえ。現在、税務上の理由から、マーケットプレイスストアでサポートしている特定の配送先に販売を制限するオプションはありません。

注文のうち税金のみについて購入者からの返金リクエストがあった場合、誰が対応しますか?

出品者は、以下の購入者への税金のみの返金リクエストに回答する責任があります。

Amazonカスタマーサービスでは、以下の注文について購入者からの税金のみの返金リクエストに回答します。

  • 徴税サービスの規則に基づいてAmazonが税額または規制当局による手数料を算出した注文
  • 納税責任者に関係なく、フルフィルメント by Amazon(FBA)のすべての注文

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2022, Amazon.com, Inc. or its affiliates