新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

Amazon Global Logisticsによる配送予約

Amazon Global Logisticsのプロフィールを設定したら、3~5営業日以内に最初の納品の輸送を手配できます。

通常の手順でFBA納品プランを作成し、以下の手順に従って、在庫商品を納品/補充する手続きの配送を予約を使用します。配送を予約すると、出荷準備と輸送箱のラベルの作成ができる状態になります。

Amazonへ納品の在庫は、MSKUレベルで複数の納品に分散される場合があります。出品者の納品は、サイズ、商品のカテゴリー、その他のフルフィルメントネットワークの要因に基づいて、適切なフルフィルメントセンターに割り当てられます。このサービスは、Amazon Global Logisticsを通じた一部の納品に対して提供されます(追加料金は発生しません)。予約が完了すると、納品先のフルフィルメントセンターが利用可能になります。

注: Amazonの新しい納品手続きであるAmazonへ納品を使用して海外配送を予約するよう招待された場合、関連するガイダンスとして、Amazonへ納品を使用してAmazon Global Logisticsで配送を予約するをご覧ください。Amazonへ納品を使用するオプションが表示されない場合は、通常の配送予約手続きを使用し、以下のガイダンスを参照してください。今後、Amazonへ納品を利用できるようになります。

詳細については、以下のヘルプトピックをご覧ください。

配送・経路指定要件

Amazonへのトラック配送

梱包要件

プロダクト・コンプライアンス

予約後:船荷証券、配送の追跡、予約の変更

Amazon Global Logisticsの支払い

申請と補てん

制限対象商品および危険物

予約条件

Amazon Global Logisticsではじめて納品を予約するときは、必ず事前に以下の条件を理解してください。

貨物の集荷日

仕入先または配送業者から貨物を出荷する準備ができた日付。この日付は、貨物の出荷日または集荷日とは異なる場合があります。

配送モード

出品者が貨物を出荷するために選択した方法:コンテナ単位で海上輸送される大口貨物(FCL)、コンテナ1本に満たない海上輸送の小口貨物(LCL)、航空貨物。

発航地

貨物の発送元の港です。

混載貨物専用倉庫(CFS)

海上貨物が統合、処理、コンテナヤードへの移管のために準備される場所。

コンテナヤード(CY)

港内で海上貨物の出荷を開始する場所。

出荷指令

配送業者が提供し、納品が受領されたことを確認する書類。

港への到着日

貨物が発航地に到着しなくてはならない日付。

インコタームズ

国際商工会議所(ICC)が公開する商業用語で、グローバル取引に広く使用されています。インコタームズの各条件について詳しくは、ICCのウェブサイトをご覧ください(インコタームズ2010はまだ有効です)。

Shipper Centralで配送情報を共有し、配送を予約する

配送を予約する際に、納品情報を共有し、配送を予約するオプションが、Shipper Centralに表示される場合があります。(このオプションが表示されない場合は、まもなく利用できるようになります。) この機能により、Eメールで納品情報を共有したり、その情報をShipper Centralに再入力したりする必要がなくなります。

出品者自身または他の人が、Shipper Centralのユーザーになることができます。出品者以外の人は、納品情報を保留中のFBA納品として、Shipper Centralで直接受け取ります。出品者は、共有された情報を取り下げたり、予約プロセスを再開することもできます。

Shipper Centralで納品情報を共有し、配送を予約するには、以下の手順に従います。


  1. 見積り金額を生成の上にあるセラーセントラルで予約の横の編集をクリックします。
  2. Shipper Centralで予約を選択します。
  3. Shipper CentralのユーザーEメールで、配送を予約するユーザーのShipper CentralのサインインEメールを入力します。
  4. 確定をクリックします。

情報を共有するShipper Centralのユーザーには、Shipper Centralにサインインして配送を予約するよう促すEメールが届きます。保留中のFBA納品は、ダッシュボードの右側に表示されます。

ユーザーがShipper Centralアカウントを持っていない場合は、登録して会社情報(事業者免許を含む)を提供するよう求められます。セラーセントラルで入力したサインインEメールがAmazonの記録と一致しない場合、ユーザーはEメール内のリンクをクリックしてFBA納品情報を表示できます。

セラーセントラルで通常どおり配送を予約するには、セラーセントラルで予約をスキップして、ステップ1 - 配送情報に進みます。

ステップ1: 配送情報を提供する

配送モード(海上FCL、海上LCLまたは航空貨物)、集荷と持ち込み、輸送箱数の要件に関する具体的なガイダンスについては、以下をご覧ください。

配送予約を開始するには、以下の手順に従います。

  1. 在庫商品を納品/補充するワークフローを使用します。
  2. はい、Amazonで貨物を出荷しますを選択します。
  3. 納品プランに進むをクリックします。支払い方法と登録輸入者(IOR)の設定を確認できます。
  4. ステップ1 - 配送情報をクリックします。
  5. 配送情報を入力します(パレット輸送などの付加価値サービスを選択することもできます)。
    • 配送モード
    • 発送元の場所
    • インコタームズ
    • 集荷または持ち込みの設定
    • 貨物準備完了日
    • 納品の重量、容量、輸送箱の数
注: 出品者は、サードパーティの保険仲介業者を通じて貨物保険を購入できます。(Amazonでは提供していません。)サービスプロバイダーのリストについては、サービスプロバイダーネットワークをご覧ください。

集荷と持ち込みのオプション

集荷と持ち込みのオプションは、FCL貨物(コンテナ単位で海上輸送される大口貨物)、LCL貨物(コンテナ1本に満たない海上輸送の小口貨物)、航空貨物のうち、どの輸送方法で出荷するかによって異なります。また、Amazonで荷物の梱包とラベル貼付を有料で行うこともできます。

海上輸送(FCL)

Amazonによる積み込みおよび集荷: Amazonが、出品者の指定した住所から輸送箱を集荷し、Amazonの混載貨物専用倉庫に積み込みます。

配送業者による積み込みとAmazonによる集荷: 配送業者がコンテナへ積み込みした後、Amazonが出品者の指定した住所からコンテナを集荷します。

配送業者によるAmazonの混載貨物専用倉庫(CFS)への持ち込み: 配送業者が輸送箱をAmazonのCFSに持ち込んだ後、Amazonが輸送箱をコンテナに積み込みます。

配送業者によるAmazonのコンテナヤードへの持ち込み: 配送業者が、自分の敷地でコンテナへの積み込みを行い、コンテナを発航地の指定されたコンテナヤードに持ち込みます。

詳細については、英語中国語フランス語ドイツ語イタリア語またはスペイン語による、Amazonの海上コンテナガイドをダウンロードしてください。

海上輸送(LCL)

集荷: Amazonが、出品者が指定した住所から輸送箱を集荷し、Amazonの出荷元の施設(混載貨物専用倉庫など)でコンテナに積み込みます。

配送業者による持ち込み: 配送業者が、Amazonから指定された住所(混載貨物専用倉庫など)にバラ積みの輸送箱を持ち込んだ後、Amazonがコンテナに積み込みます。

注: LCL貨物は、他の出品者のLCL貨物と混載されます。

航空貨物

集荷: Amazonが、出品者が指定した住所から輸送箱を集荷します。

配送業者による持ち込み: 配送業者が、Amazonから指定された日時に、指定された場所へ貨物を持ち込みます。

納品の集荷または持ち込みの調整

集荷の場合は、出荷指令が発行され次第、Amazonから出品者に希望の積荷日を問い合わせします。海上配送での出荷指令は通常、発送予定日の7日前に利用可能になります。航空便での出荷指令指令は通常、当日または翌営業日に利用可能になります。

持ち込みの場合は、出荷指令が発行され次第、Amazonの出荷元の施設(混載貨物専用倉庫など)と発航地への到着日がセラーセントラルに表示されます。海上配送での出荷指令は通常、発送予定日の7日前に利用可能になります。航空便での出荷指令は通常、当日または翌営業日に利用可能になります。

輸送箱数の要件とコンテナサイズ

海上LCL、海上FCL、または航空貨物の商品数を決定するには、以下の手順に従います。


  1. 予約時に納品内容を確認します。
  2. 納品に関連付けられたMSKUと商品の数を確認します。必ず、輸送箱の数が商品数を超えないようにしてください。

海上FCLでの輸送箱数の追加要件

海上FCL貨物の場合、コンテナの寸法と貨物の重量が、以下の最大制限を超えないようにしてください

コンテナの種類 一般的な容積立方メートル 一般的な最大貨物重量(キログラム)
20フィート 25~28 16,400
40フィート 55~57 20,800
高さ40フィート 62~65 20,200

航空貨物での輸送箱数の追加要件

航空貨物の場合、輸送箱の寸法と発送重量が、以下の最大制限を超えないようにしてください

配送タイプ 最大
輸送箱の長さ 316cm
輸送箱の幅 242cm
輸送箱の高さ 180cm
納品の重量 140メートルトン

ステップ2: 見積りを取得する

納品の重量と容量を入力すると、すぐに見積もりを受け取ることができます。見積り金額を作成ステップ2 - 支払いと費用タブを使用します。

見積りを正確に作成できるようにするため、仕入先または配送業者に商品の重量および容積の見積りを依頼することをお勧めします。

注: 配送料は、予約時の価格ではなく、実際に発送された時点のAmazonが提示した料金に基づいて計算されます。出品者が提示した重量および容量の見積りが実際の重量および容量と一致しない場合、配送料も変わる可能性があります。

見積りには、エンドツーエンド輸送と、輸出入の通関手続きの両方の費用が含まれます。パレット輸送、コンテナの積み込みなどのオプションを選択する場合、その費用も含まれます。輸入税または関税、FBA手数料、追加費用は、見積りに含まれません 納品をAmazonで集荷する場合は、予約後48時間以内に出品者に連絡し、集荷手数料の見積りを提供します。

詳しくは、Amazon Global Logisticsの支払いをご覧ください。Amazon Global Logisticsポータルでは、中国から米国への配送料金の一覧も確認できます。

通関手続きの自動化

見積り額には、通関自動化情報が表示される場合があります。これは、納品のASINごとに、固定の商品説明、関税コード、関税課税価格、およびその他のプロダクト・コンプライアンス情報を提供することでどれだけ節約できるかを示します。詳しくは、以下のステップ6をご覧ください。

見積り額に通関自動化情報が表示されない場合でも、見積もりを取得できます。

海上FCLの見積り

納品の推定重量、容量、輸送箱数を入力し、希望のコンテナサイズを選択します。複数のコンテナが必要な場合は、別のコンテナサイズを追加をクリックして2つ目のコンテナサイズを選択し、その数量を指定します。次の4つのコンテナサイズがあります。

コンテナタイプ1 利用可能な容量(立方メートル) 最大積載重量(キログラム)
20 GP 25 16,329
40 GP 55 19,700
40 HQ 60 19,700

1GPは「汎用」の略です。 HQは「ハイキューブ」の略です。

海上LCLの見積り

納品の推定重量、容量、輸送箱数を入力します。

航空貨物の見積り

納品に含まれるすべての商品の推定重量を入力します。また、輸送箱の寸法と、輸送箱のタイプ(長さ、幅、高さ)ごとの数量を入力します。

ステップ3: 商品説明の提供

出荷する商品には、商品説明が必須です。予約を作成の、ステップ3 - 商品説明タブを使用します。

商品説明

明確かつ正確で詳細な商品説明は、通関手続きと配送時間を短縮し、納品が規制に準拠していることを保証するのに役立ちます。不明確、不正確または不完全な説明は、納品の遅延、関税の算出の誤り、税関での荷物の留保または拒否、もしくは上記のすべてにつながる可能性があります。

詳しくは、Amazon Global Logisticsプロダクト・コンプライアンスをご覧ください。

プロダクト・コンプライアンスに関するその他の情報

追加のプロダクト・コンプライアンス情報を提供するためのオプションが表示される場合があります。

  • メーカー、仕入先、商品の原産国
  • 関税の分類(HTSコード)
  • アンチダンピング関税および相殺関税(ADDおよびCVD)
  • 有害物質規制法
  • 放射線発生機器(RAD)
  • レイシー法

このオプションが表示されない場合は、予約プロセスでこの情報を提供してください。

詳しくは、Amazon Global Logisticsプロダクト・コンプライアンスをご覧ください。

ステップ4: 納品の連絡先の詳細を提供する

納品に関する連絡先を船荷証券(BOL)に印刷し、Amazonから納品について問い合わせする場合に、連絡すべき適切な当事者を特定できるようにします。予約を作成ステップ4 - 連絡先の詳細タブを使用します。

ニックネーム、俗語、略語、その他の不明瞭な参照情報が含まれていないことを確認してください。連絡先の詳細には、以下の事業体が表示されます。

登録輸出者(EOR): 発送元の通関手続きを調整し、貨物の輸出手続きを行う当事者(配送業者に該当)。

登録輸出者(EOR)の要件についてサポートを求めている中国に拠点を置く出品者には、Amazonのサービスプロバイダーのネットワーク(SPN)に記載されているEORサービスプロバイダーが役に立つ場合があります。SPNは、サードパーティが提供するサービスのディレクトリです。海外配送カテゴリーのEORサービスプロバイダーの一覧が記載されています。左側の付加価値サービスから通関業者を選択し、EORサービスの出品情報を確認します。EORサービスプロバイダーは、EOR資格のある出品者が、サードパーティのEOR資格を使用したい場合に支援を行えます。一部のEORサービスプロバイダーでは、外国為替領収書、税金還付サービス、輸送サービス、コンサルティングサービスなどの付加価値サービスも提供しています。すべての出品者が、SPNのウェブサイトでSPNのすべてのサービスを閲覧できます。

注: 中国からの出荷の場合、EORは中国の税関当局に登録され、有効なEOR番号を保有している必要があります。

登録輸入者(IOR): 配送先の通関手続きを調整し、輸入する貨物を通関する当事者。

注: 登録輸入者はアメリカ合衆国税関に登録され、有効なIOR番号を保有している必要があります。いかなる納品についても、Amazonが登録輸入者として対応することはできません。

発送元の連絡先: 集荷や持ち込みなど、発送元のアクティビティを調整する当事者。

配送先の連絡先: 配送先への配送に関する質問に回答する当事者(「着荷通知先」とも呼ばれる)。

海上輸送で輸入者セキュリティファイリング(ISF)が必要な場合は、以下の連絡先を確認して承認する必要があります。

ISFの出品者: 貨物を販売する当事者、または貨物を販売することに同意した当事者。この当事者は、FBA出品者またはFBA出品者の取引業者になる可能性があります。

ISFの購入者: 貨物を購入する、または貨物を購入することに同意した当事者。この当事者は、登録輸入者またはFBA出品者になります。

混載業者: コンテナへの貨物の積み込みを行う、または貨物の積み込みを手配する当事者の名称と住所。この当事者は、荷送人になる可能性があります。

コンテナ詰めされる場所: コンテナへの貨物の積み込みが行なわれる物理的な場所の名称と住所。この名称と住所も、荷送人の名称と住所になる可能性があります。

また、ISF製造業者の確認と承認を求められる場合もあります。これは、貨物を製造または組み立てした当事者、または組み立てられた貨物を輸出国から供給した当事者です。この当事者は、荷送人になる可能性があります。

詳しくは、Amazon Global Logistics輸入者の設定と通関コンプライアンスおよびAmazon Global Logisticsのプロダクト・コンプライアンスをご覧ください。

ステップ5: 登録輸入者(IOR)設定を確認する

登録者情報は、予約を作成にあるステップ5 - 確認タブで確認できます。情報が承認されたら、予約を確認をクリックします。必要に応じて、配送プロフィールの管理で、IOR情報を更新します。

詳しくは、Amazon Global Logistics輸入者の設定と通関コンプライアンスをご覧ください。

ステップ6: 出荷に関する書類

予約管理ステップ6 - 出荷に関する書類タブで、納品に必要な書類を管理および監視します。

注: ステップ6では、プロダクト・コンプライアンスに関する固定情報を提供できます。「固定」とは、商品説明が今後の納品に適用されることを意味します。入力内容は後で調整して修正できます。プロダクト・コンプライアンスに関する固定情報を提供できない場合は、配送プロセスでコンプライアンス情報を提供してください。

プロダクト・コンプライアンス

現在の納品に含まれるすべてのASINについて、固定のプロダクト・コンプライアンス情報を以前に提供している場合は、ステップ6のこの部分をスキップできます。

現在の納品で1つ以上のASINについて、固定のプロダクト・コンプライアンス情報が提供されていない場合、ステップ6のコンプライアンスステータスは「不完全」と表示されます。その後、コンプライアンスの管理を促すメッセージが表示されます。

納品プランの上部にあるタブを使用して、プロダクト・コンプライアンス情報を入力します。 コンプライアンスを管理し、コンプライアンスのファイルをアップロードします。コンプライアンスに関する情報を入力したら、コンプライアンスの管理をクリックします。 その後、納品に必要な書類を管理および監視できます(以下を参照)。

コンプライアンスの管理

コンプライアンスの管理に、「完全」、「通関業者により調整」、「不完全」の数を示すASINのコンプライアンスステータスが表示されます。

ステータスが「不完全」のASINについては、コンプライアンス情報を追加できます。一括アクションをクリックして、複数のASINのコンプライアンス情報を一度に追加することもできます。必須情報には、メーカー(または仕入先)、商品の原産地、HTSコード、関税課税価格、標準輸入規制および要件に関する情報が含まれます。必要な情報をすべて入力したら、送信をクリックします。

あるASINのコンプライアンス情報が送信されると、その情報を他のASINにコピーすることができます。ポップアップウィンドウで、適用をクリックし、保存またはすべて保存をクリックして確定します。

コンプライアンス情報を入力した後、通関申告を申請するまではいつでも編集できます。海上輸送の場合、通常は到着日の5日前です。航空貨物の場合、これは通常、出発日の1日後です。

コンプライアンス用ファイルのアップロード

選択したASINについて、テンプレートを使用してプロダクト・コンプライアンス情報を追加または編集します。この情報には、メーカー、生産国、商品説明、HTSコード、関税課税価格が含まれます。

また、テンプレートを使用して、標準の輸入規制および要件に関する追加情報を提供することもできます。コンプライアンス用ファイルのアップロードで、テンプレートを作成をクリックします。テンプレートへの入力が完了したら、ファイルをアップロードし、送信履歴でステータスを確認します。

詳しくは、Amazon Global Logisticsプロダクト・コンプライアンスをご覧ください。

通関および出荷に関する書類

以下の書類は自動的に作成されます。

  • コマーシャルインボイス
  • 納品書
  • 船荷証券番号(BOL)

必要に応じて、次の書類もアップロードしてください。

  • 発送手順
  • 運送業者の貨物領収書
  • 信用保証状

確認が必要な書類、またはテンプレートをダウンロードして完成したコピーをアップロードする必要がある書類の横には、期日が表示されます。確認またはアップロードがグレーで表示されている場合、該当する文書の準備がまだできていないことを示しています。書類の記入が完了したら、表示をクリックします。

詳しくは、Amazon Global Logistics輸入者の設定と通関コンプライアンスをご覧ください。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates