新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: アメリカ合衆国

アカウント健全性の確認

アカウント健全性を確認する手順は、以下のとおりです。

  1. セラーセントラルのホームページを開きます。
  2. パフォーマンスから、アカウント健全性をクリックします。

アカウント健全性ページでは、パフォーマンス目標の達成、およびAmazonで出品する際に求められるポリシーの遵守に関する出品用アカウントの概要を表示します。購入者に高い顧客満足度を保証するため、Amazonの目標を達成できない場合、Amazonはこれらの指標に対して措置を取ることがあります。

Amazonでは定期的に出品者のパフォーマンスを調査し、目標を達成できていない場合には通達します。この調査の目的は、問題が出品権限に影響する前に、出品者にパフォーマンスを改善する機会を与えることです。パフォーマンスが非常に低い出品用アカウントは、直ちに停止される場合があります。

注: 出品用アカウントが停止された場合でも、出品権限を回復することは可能です。強制措置の要因となった問題を解決するためのパフォーマンス改善計画を提出することで、異議を申し立てることができます。

アカウント健全性ページでは、出品用アカウントがさまざまな商品ポリシーの目標を達成しているかどうか、また以下のパフォーマンス指標を確認できます。

注文不良率

注文不良率(ODR)は、良好な顧客満足度を維持する能力を判断する主要な指標となるものです。注文不良率とは、指定された60日間の合計注文数に対する注文不良数(定義は以下)を割合で示したものです。

低い評価が付けられた場合や、Amazonマーケットプレイス保証申請が承認された場合、またはクレジットカードのチャージバックが発生した場合、その注文は不良とみなされます。

Amazonのポリシーでは、出品者がAmazonで出品する場合、注文不良率を1%未満に抑える必要があります。注文不良率が1%を超えていると、アカウントが利用停止になる可能性があります。

キャンセル率

キャンセル率とは、指定された7日間の注文に対し、出品者都合でキャンセルされた注文の割合を表したものです。キャンセル率は、出品者出荷にのみ適用されます。

この指数には、出品者がキャンセルしたすべての注文が含まれます。ただし、購入者がAmazonアカウントの注文キャンセルオプションでキャンセルを申請した注文は除きます。購入者がAmazonで直接キャンセルした保留中の注文は含まれません。

Amazonのポリシーでは、出品者がAmazonで出品する場合、キャンセル率を2.5%未満に抑える必要があると定めています。キャンセル率が2.5%を超えていると、アカウントが利用停止になる可能性があります。

出荷遅延率

出荷遅延率(LSR)には、出荷予定日を過ぎてから出荷通知が送信されたすべての注文が含まれます 。出荷遅延率(LSR)は、10日間または30日間の注文の合計に対する割合です。出荷遅延率(LSR)は、出品者出荷にのみ適用されます。

お問い合わせ伝票番号を入力し、出荷予定日までに出荷通知を送信すると、購入者は出荷された商品のステータスをオンラインで確認することができます。出荷通知が遅れると、購入者からの保証申請、低い評価、お問い合わせが増え、顧客満足指数に悪影響を及ぼす可能性があります。

Amazonのポリシーでは、Amazonで出品するためには、出荷遅延率を4%未満に抑える必要があります。出荷遅延率が4%以上になると、アカウントが利用停止になる場合があります。

追跡可能率

追跡可能率(VTR)は、指定された30日間の配送の合計のうち、有効なお問い合わせ伝票番号が付いている配送の割合です。追跡可能率は、出品者出荷にのみ適用されます。

購入者は、お問い合わせ伝票番号を確認して、自分の注文した商品がどこにあり、いつ受け取れるのか知ることができます。追跡可能率は、その期待にどれだけ応えているかを示すパフォーマンス指標です。USPS、FedEx、UPS、DHLなどの大手配送業者では、追跡サービスを無料で利用できるようになりました。

Amazonのポリシーでは、北米の出品者が米国で配送する場合、95%を超える追跡可能率を維持する必要があります。商品カテゴリーで追跡可能率が95%を下回ると、そのカテゴリー内でFBA(フルフィルメントby Amazon)以外の商品の出品が制限される場合があります。また、お急ぎ便関連プログラムおよび納期保証型マケプレお急ぎ便の利用資格に影響する場合もあります。

期日内配送率

期日内配送率(OTDR)は、配送状況を確認できる配送の合計のうち、お届け予定日よりも前に配送された配送の割合です。期日内配送率は、出品者出荷にのみ適用されます。

期日内配送率のパフォーマンスは、出品者が適用できる配送所要日数を決定する際に考慮されます。配送所要日数を短く設定することは、購入者に速い配達をお約束することであり、転換率を向上できます。

優れた顧客満足を提供するため、97%を超える期日内配送率を維持することをお勧めしていますが、現在のところ、パフォーマンスの目標を達成できない場合のペナルティはありません。

返品の不満足度

返品の不満足度(RDR)は、返品を行った際の顧客満足度を測定します。返品は、返品リクエストに購入者からの低い評価がある場合(返品対応の低評価率)、48時間以内に回答がない場合(回答遅延率)、誤って拒否された場合(返品の拒否率)に不満足となります。返品の不満足度とは、すべての返品リクエストのうち、否定的な返品リクエストの割合を表したものです。

Amazonのポリシーにおいて出品者は、返品の不満足度を10%未満に抑えている必要があります。未解決の問題を抱えている購入者によって、低い評価やAmazonマーケットプレイス保証申請が寄せられる可能性が高いですが、現在のところ、パフォーマンス目標を達成できない場合でもペナルティはありません。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


この内容は役に立ちましたか?
ご意見ありがとうございました
どこを改善したらいいでしょうか? (任意)
1000
何が役立ったか具体的に教えてください。
1000
ご協力ありがとうございました。
ご意見ありがとうございました。ご不明な点がありましたら、こちらよりContact Usください。

あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates